« 米倉経団連発足 逆風はね返し成長の実現を | トップページ | 感激あれ若人よ »

2010年5月29日 (土)

普天間問題:「沖縄差別そのもの」…徹底抗戦の構え

大変なことになりましたね。
心配です。
本土の我々がもっと真剣に議論すべきではないでしょうか。
でも「総論賛成、各論反対」の図式がみえみえですね。
大阪の橋下知事の発言には打たれました。
「大阪府民は安全保障をだだのりしてる」といったような内容でしたね。

srachai from khonkaen, thailand

(Mainichi Japan) May 29, 2010
Okinawa residents express outrage over Japan-U.S. agreement on Futenma relocation
普天間問題:「沖縄差別そのもの」…徹底抗戦の構え

NAHA -- Okinawa residents expressed outrage Friday over a Japan-U.S. agreement to relocate U.S. Marine Corps Air Station Futenma within Okinawa Prefecture without their consent, calling the agreement "invalid" and vowing to step up protests.
A joint Japan-U.S. statement on the relocation released Friday stated that the base would be relocated in the Henoko area and adjacent waters in the Okinawa Prefecture city of Nago.
 「地元の頭越しの日米合意は無効だ」「沖縄の反撃はこれからだ」。
日米両政府が28日に発表した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に関する共同声明は、移設先を同県名護市の「辺野古」と明記した。
地元の了解のないまま、両政府が一方的に移設先について合意したことに、沖縄県では県内各地で激しい怒りの声が渦巻いた。県外移設を求める声は強まるばかりで、沖縄は徹底抗戦の構えだ。【斎藤良太、徳野仁子、井本義親】

The same day residents held an emergency meeting on the grounds of the Nago City Hall in protest against the statement. Organizers said the city-sponsored meeting, which was held outdoors in the rain, attracted about 1,200 participants.
 移設先とされた名護市では、日米共同声明に抗議する緊急市民集会が市役所中庭であった。市などが主催し、雨の中、約1200人(主催者発表)が参加。地元の頭越しでの日米合意に激しい怒りをぶつけた。

"We are boiling with rage like magma," said a 70-year-old farmer representing residents. "Can you call someone a prime minister after doing something like deceiving you?" Making a reference to Hatoyama's political philosophy of "fraternal love," he added: "Wouldn't true fraternal love be to reach out to the people who are suffering over the base issue? Our real fight starts from here." His comments drew applause from the crowd.
 市民代表として登壇した農業、比嘉盛順さん(70)が「マグマのような怒りが煮えたぎっている。人をだますようなことをして、首相と言えるのか。基地問題に苦しむ人に手をさしのべるのが、真の友愛ではないのか。これからが本当の闘いだ」と決意を表明すると、会場から拍手や歓声がわいた。

At the end of the gathering, protestors adopted a call for the abolishment of the Japan-U.S. joint statement, saying, "An agreement that forces yet another base on Okinawa is nothing more than discrimination against Okinawa."
 集会は最後に「沖縄にさらに新たな基地を押しつけようとする合意は『沖縄差別』そのもの」として日米共同声明の撤回を求めるアピール文を採択した。

A separate protest was staged in the square in front of the Okinawa Prefectural Government offices in Naha, with about 1,500 in attendance, according to organizers. Diet members from the prefecture and Okinawa Prefectural Assembly members addressed the protesters, calling for the abolishment of the Japan-U.S. joint statement and other action.
 また、那覇市の県庁前広場であった抗議集会にも、労組や市民ら約1500人(主催者発表)が駆けつけた。
 県選出国会議員や県議らが次々とマイクを握り、日米共同声明の破棄などを訴えた。

Chobin Sugeran, a Democratic Party of Japan (DPJ) member of the House of Representatives who is from Okinawa Prefecture, said the joint statement was meaningless.
"The DPJ on the mainland and the DPJ in Okinawa are different. A joint statement that has no local consent has no meaning," he said to applause.
民主党の瑞慶覧長敏衆院議員(沖縄4区)が「本土の民主党と沖縄の民主党は違う。
地元合意のない共同声明には何の意味もない」と訴えると、会場からは拍手が起こった。

Protesters ended the gathering with chants of, "Prefectural residents do not accept the Japan-U.S. agreement," and "Stop passing bases around the prefecture."
 最後に「日米合意を県民は認めないぞ」「基地の県内たらい回しをやめろ」などとシュプレヒコールで気勢を上げた。

毎日新聞 2010年5月28日 22時30分(最終更新 5月29日 0時59分)

|

« 米倉経団連発足 逆風はね返し成長の実現を | トップページ | 感激あれ若人よ »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米倉経団連発足 逆風はね返し成長の実現を | トップページ | 感激あれ若人よ »