« 菅首相:さっそく「イラ菅」発揮 | トップページ | 所信表明演説 超党派で財政再建に取り組め »

2010年6月12日 (土)

日産:EV「リーフ」試作車公開 接近知らせる装置も搭載

(Mainichi Japan) June 12, 2010
Nissan unveils prototype of 'Leaf' electric vehicle
日産:EV「リーフ」試作車公開 接近知らせる装置も搭載

Nissan Motor Co. has unveiled to the press a prototype of its "Leaf" electric vehicle, which will be released in December in Japan, the United States and Europe.

The five-seater electric car can travel 160 kilometers on a single charge (the recharge time is eight hours with a 200-volt power source). With significant engine noise reduction being typical of electric vehicles, compared to gasoline cars, the Leaf has been fitted with a pseudo car running sound-emitting system to alert pedestrians to its presence.

The computerized sound system produces a motor-like sound through loudspeakers in response to the speed of the car -- a speed of up to 30 kilometers per hour when accelerating and 25 kilometers or less per hour during deceleration. The sound is barely heard inside the car, maintaining comfort for the driver and passengers.

With government subsidies for the purchase of electric cars, a Leaf can be bought at 2.99 million yen. There have already been 6,000 orders received in Japan, the same number as Nissan's Leaf sales goal for fiscal 2010.

In January, the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism formulated guidelines on equipping vehicles with electric sound-emitting systems. Following the guidelines, Nissan plans to install a sound-emitting system in its luxury hybrid vehicle "Fuga," which will be put on the market this autumn. Mitsubishi Motors Corp. has also announced it will mount such a system in its "i-Miev" electric vehicle as standard equipment.

 日産自動車は11日、日米欧で12月に発売する電気自動車(EV)「リーフ」の量産試作車を報道陣に公開した。疑似的な走行音を出して歩行者に接近を知らせる車両接近通報装置を搭載。ガソリン車のようなエンジン音がない電動走行でも、歩行者が気付きやすいよう安全面に配慮した。

 「リーフ」は5人乗りで、連続走行距離は1回の充電(200ボルト電源で8時間)につき160キロ。車両価格は政府の補助金をもらえば購入者の実質的負担は299万円で、国内では既に10年度の販売目標である6000台の予約が入っている。

 走行音は、内蔵のコンピューターなどで車速に応じて音を作り、スピーカーで出す仕組み。モーター音に似た走行音で、発進時には時速30キロに達するまで、減速時は同25キロ以下になると出る。後退時にも断続的に音を出す。車内では聞こえにくく、ドライバーにとっての快適性は保った。

 走行音が静かなため、歩行者が接近に気付きにくいとの指摘を考慮した。国土交通省が1月、自動車に電子音を出す装置を取り付ける際の基準を定めたガイドラインを策定したことを受け、今秋発売の高級車「フーガ」のハイブリッド車(HV)にも搭載する。一方、三菱自動車も今秋から、販売中のEV「アイ・ミーブ」に標準装備することを明らかにした。【宮崎泰宏】

毎日新聞 2010年6月11日 19時19分(最終更新 6月11日 19時27分)

|

« 菅首相:さっそく「イラ菅」発揮 | トップページ | 所信表明演説 超党派で財政再建に取り組め »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菅首相:さっそく「イラ菅」発揮 | トップページ | 所信表明演説 超党派で財政再建に取り組め »