« Teacher arrested on suspicion of rape | トップページ | 豪雨被害 的確な情報で早めの避難を »

2010年7月17日 (土)

Junior high student sets probation officer's house on fire

probation 保護観察(期間)、試用(期間)
arson 放火(罪)

(Mainichi Japan) July 16, 2010
Junior high student sets probation officer's house on fire
放火:保護司宅に 容疑で保護観察中の中3逮捕--茨城

SAKURAGAWA, Ibaraki -- A junior high school boy currently on probation has been arrested for allegedly setting his probation officer's house on fire, police said.
The local 14-year-old boy was arrested on July 16 on suspicion of arson of an inhabited building.
 茨城県警桜川署は16日、民家に火をつけ全焼させたとして茨城県桜川市に住む中学3年の少年(14)を現住建造物等放火容疑で逮捕した。少年は以前にも放火事件を起こしたとして保護観察中で、全焼したのは担当の保護司の自宅だった。

The boy stands accused of breaking into the home of Mitsuru Ono, 76, at around 7:40 p.m. on July 15, setting fire to newspapers using a lighter and leaving them in the living room, burning down the one-story wooden house.  逮捕容疑は15日午後7時40分ごろ、同市友部、無職、大野満さん(76)方に侵入し、ライターで火を付けた新聞紙を居間に捨てるなどして放火、木造平屋の住宅205平方メートルを全焼させたとしている。

 少年は容疑を認めているといい、同署は直前のホームセンターの火事も少年がかかわっているとみて動機などを調べている。

Ono, physically disabled, was home alone at that time, but managed to escape unhurt.
出火時、大野さん宅には下半身が不自由な大野さんがいたが、辛うじて逃げ出した。

利さんは知らせを受けホームセンターに出向いていた。

According to police, in June 2008, the boy was put on probation after burning a futon and other items at a total of three clothing and drug stores in the city, and Ono's 73-year-old wife has been serving as his probation officer. When the fire broke out in Ono's house, his wife was not home.
 同署によると、少年は08年6月、市内の衣料品店やドラッグストアなど3店舗で布団などの商品に火を付けたとして現住建造物等放火の非行で補導されており、大野さんの妻利さん(73)が担当の保護司として指導に当たっていた。

There was another small fire at a nearby home improvement center around 50 minutes earlier, and a police officer found the boy near the center and arrested him. The boy had told his father over the phone that he had torched Ono's house, and the police officer was searching for him. The boy has reportedly admitted that he set fire to Ono's home. Police also suspect the boy's involvement in the blaze at the home improvement center on July 15.
約50分前にも近くのホームセンターの植木鉢が燃える火事があり、署員が同センター内にいる少年を見つけ署へ同行して逮捕した。少年は父親に「自分がやった」と電話しており、署員が捜していた。

 市教委によると、少年は3月に関東医療少年院を出て地元の中学に通い、別室で指導を受けていた。感情の起伏が激しいこともあるが、おとなしい性格で、放火のあった15日も普通に登下校していたという。

 保護司は、保護観察処分となった少年らと定期的に面会し、社会復帰の手助けをしている。非常勤国家公務員だが、無給で実質的にはボランティア。【大久保陽一】

毎日新聞 2010年7月16日 東京夕刊

|

« Teacher arrested on suspicion of rape | トップページ | 豪雨被害 的確な情報で早めの避難を »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Teacher arrested on suspicion of rape | トップページ | 豪雨被害 的確な情報で早めの避難を »