« ソマリア派遣は継続、スーダン陸自派遣は見送り | トップページ | 第1検察審議決 小沢氏不起訴にまた疑問符 »

2010年7月16日 (金)

普天間移設:「8月末結論」見送る 工法など複数案提示へ

(Mainichi Japan) July 15, 2010
Gov't to postpone final decision on Futenma relocation details past Aug. deadline
普天間移設:「8月末結論」見送る 工法など複数案提示へ

The government will postpone a final decision on the exact location of a substitute facility for U.S. Marine Corps

Air Station Futenma in Okinawa Prefecture and its construction method beyond the end-of-August deadline,

government sources said.
By the deadline, the government will put together experts' opinions on the location and the building method for a

new facility off Camp Schwab in the Henoko district of Nago, Okinawa Prefecture, according to a high-ranking

government official.
 政府は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先となる代替施設の位置や工法について、日米共同声明に

明記した期限の8月末時点では専門家による見解にとどめ、政府方針とはしない方向で調整に入った。

政府高官は14日夜、「実務者協議とその後の外務・防衛担当閣僚の協議は別次元の話だ」と述べた。

By delaying a final decision on the matter, the government intends to secure enough time to sound out the

Okinawa Prefectural Government about its views on the plan.

複数案提示などによる事実上の先送りで沖縄県側の反応を探り、理解を得たい考え。

Tokyo and Washington will resume working-level talks on the Futenma relocation, which have been suspended

because of the July 11 House of Councillors election, in the United States on July 15.
日米両政府は参院選で中断していた外務・防衛両省の課長級による実務者協議を15日に米国で再開する。

Japan and the U.S. had agreed to reclaim the sea off Henoko and build two runways under the former

administration led by the now opposition Liberal Democratic Party. However, after the Democratic Party of Japan

(DPJ) took over the government last year, the administration of former Prime Minister Yukio Hatoyama amended

the plan to use sludge on the sea bottom in the reclamation, a method regarded as friendlier to the environment.

In addition, the Defense Ministry is studying the possibility of building a single runway in an area farther from the

shore than originally planned.
 自民党政権下での日米合意は辺野古沿岸部を埋め立て、2本の滑走路をV字形に配置するとしていた。鳩山前政

権ではこの案を微修正し、海底のヘドロを再利用する環境配慮型の埋め立てにする案が有力視されていた。これに

加え、防衛省内では滑走路を1本にし、より沖合に移動する案が検討されている。

Tokyo and Washington intend to hold foreign and defense ministerial talks in September or later to finalize a

relocation plan.
 両政府は、外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)を9月以降に開き、移設計画を決定

する予定。

A Japan-U.S. joint declaration on the issue had stated that the two countries will make a final decision on the

exact location and construction method by the end of August. However, Japan has decided to postpone it partly

due to the DPJ's defeat in the upper house race.
日米共同声明では「代替施設の位置や工法に関する検討作業を8月末までに完了させる」と明記していた。しかし、

参院選大敗の影響もあり、外務省内でも「8月末は専門家の見解をまとめるだけ」(幹部)との見方が大勢だ。【西田

進一郎、吉永康朗】

毎日新聞 2010年7月14日 22時19分(最終更新 7月15日 2時36分)

|

« ソマリア派遣は継続、スーダン陸自派遣は見送り | トップページ | 第1検察審議決 小沢氏不起訴にまた疑問符 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソマリア派遣は継続、スーダン陸自派遣は見送り | トップページ | 第1検察審議決 小沢氏不起訴にまた疑問符 »