« 「111歳」男性 背後にある高齢者行政の不安 | トップページ | 転換期の安保2010:海をゆく巨龍 中国、武装艦で威嚇 拿捕の漁船、解放迫る »

2010年8月 3日 (火)

広島平和宣言:「非核三原則法制化を」骨子を発表

(Mainichi Japan) August 2, 2010
Hiroshima mayor to urge Japanese gov't to legislate three nonnuclear principles
広島平和宣言:「非核三原則法制化を」骨子を発表

HIROSHIMA -- Hiroshima Mayor Tadatoshi Akiba has told reporters he will urge the Japanese government to legislate its three nonnuclear principles in a peace declaration to be issued on the Aug. 6 anniversary of the atomic bombing of the city.
 広島市の秋葉忠利市長は2日、原爆の日(6日)の平和記念式典で読み上げる「平和宣言」の骨子を発表した。日本政府に対し、非核三原則の法制化や「核の傘」からの離脱など核兵器廃絶の先頭に立つよう強く求めている。

Akiba announced on Aug. 2 the gist of his declaration speech at the peace memorial ceremony, saying the voices of people around the world are becoming the greatest power on earth that could move the international community toward peace. He will call for the Japanese government to take concrete steps to abolish nuclear weapons as an atomic-bombed country and also for Prime Minister Naoto Kan to take the lead as the prime minister in negotiations for a treaty banning the use of nuclear arms by appealing to the leaders of nuclear powers for urgency in eliminating nuclear weapons.
 宣言では「世界市民の声が国際社会を動かす最大の力になりつつある」と指摘。日本政府に対し、被爆国として核兵器廃絶の具体的行動を求め、首相自らが果たす役割として、核保有国首脳に核兵器廃絶の緊急性を訴え、核兵器禁止条約締結の音頭を取ることなどを求める。

Meanwhile, in his declaration, Akiba will honor U.N. Secretary-General Ban Ki-moon for his leadership at the Nuclear Nonproliferation Treaty Review Conference in May this year. The Hiroshima mayor will also offer respect to the leaders of three nuclear nations -- the United States, the United Kingdom and France -- for their attendance at this year's peace memorial ceremony for the first time and thank them for considering the feelings of atomic-bomb survivors and Hiroshima citizens.
 一方、5月にあった核拡散防止条約(NPT)再検討会議での潘基文(バン・キムン)国連事務総長のリーダーシップをたたえ、今年の平和記念式典に国連事務総長や核保有国の米英仏代表が初めて参列することについては「被爆者や市民の気持ちをくんだ」と評価する。【寺岡俊、井上梢】

 ◇8月6日は歴史的な日に 広島の方言も使用…秋葉市長
 秋葉市長は会見で「核廃絶の潮流が目に見えてきており、歴史的な8月6日になると考えている」とし、日本政府には「都合の良い時だけ『唯一の被爆国』と言うのではなく、役割を果たす覚悟を持ち、具体的に実行してもらいたい」と訴えた。

 昨年は初めて宣言に英語を用い、オバマ米大統領の「Yes,we can」で結んだが、今年は広島の方言を使用する。故井上ひさしさんの名作「父と暮せば」でも広島弁が使われ、「原爆被害の実相や平和を希求する気持ちが表現されている」と考えたという。

毎日新聞 2010年8月2日 11時41分(最終更新 8月2日 13時16分)

|

« 「111歳」男性 背後にある高齢者行政の不安 | トップページ | 転換期の安保2010:海をゆく巨龍 中国、武装艦で威嚇 拿捕の漁船、解放迫る »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「111歳」男性 背後にある高齢者行政の不安 | トップページ | 転換期の安保2010:海をゆく巨龍 中国、武装艦で威嚇 拿捕の漁船、解放迫る »