« 南シナ海 中国進出の抑止は国際連携で | トップページ | アレナ »

2010年8月19日 (木)

「円高効果」に商機 輸入品還元セール、旅行会社に追い風

読売・朝日・日経は日本の新聞を代表する、いわば優等生。
優等生の記事は円高によるマイナス面だけ報道しているのではないかと思えるほどだ。
トヨタやホンダは、為替レートが1円円高に振れると300億円や160億円も経常利益が減になるといった類の報道ばかりなので、少々うんざり。
毎日新聞の記事を読んですっきりしたのは私だけではないはずだ。
円高にはマイナスの面とプラスの面とが混在する。
自動車業界の肩を一方的に持ち、政府に日銀の為替介入を迫るような記事の掲載は極力避けるべきだ。
(srachai from khonkaen, thailand)

(Mainichi Japan) August 18, 2010
High yen a boon for consumers, manufacturers, but a bust for exporters
「円高効果」に商機 輸入品還元セール、旅行会社に追い風

While the sudden jump in the yen on foreign exchange markets has Japan's export companies worried, it is also expected to be a boon for consumers and domestic manufacturers.
 外国為替市場で急激な円高が進行し、輸出企業への影響が懸念されている一方で、消費者や内需産業への恩恵が期待されている。

As the yen prices of goods valued in U.S. dollars and euros drop, Japan's retail outlets are holding special "high-yen sales" and other promotions to draw more customers through their doors.
ドル建てやユーロ建ての輸入品は値下がりするため、小売業界では円高還元セールなどの動きも活発化している。

Foreign travel is also getting cheaper, and the travel industry -- stagnant since the Lehman Shock of 2008 -- is finally picking up steam.
海外旅行の費用も円換算で下落させ、リーマン・ショック後、下落していた旅行者数を押し上げている。

Furthermore, firms that import goods or parts used in domestic manufacturing are also seeing a boost to their bottom line.
また、輸入品を加工販売する内需関連産業でもプラスの効果が出ている。【井出晋平、三沢耕平】

Ito-Yokado supermarkets, part of the Seven & i Holdings Co. group which also operates the 7-11 convenience store chain, is holding high-yen sales at 161 stores across Japan through Aug. 22. The supermarket has discounted some 30 import items, such as South African grapefruits, valued in U.S. dollars by as much as 50 percent.
 セブン&アイ・ホールディングス(HD)傘下のイトーヨーカ堂は、22日まで全国161店舗で円高還元セールを開催。米ドル建てで輸入する南アフリカ産グレープフルーツなど約30品目を最大5割値下げした。

"It's definitely tied to a jump in sales," one assistant manager of an Ito-Yokado branch in Tokyo's Ota Ward said of the high-yen discounts.
大森店(東京都大田区)の奥田正巳副店長は「売り上げ増につながっている」と手応えを語る。

Aeon Co. is also holding high-yen sales at about 300 of its Jusco supermarkets through Aug. 22, with discounts of 10 to 30 percent on some 50 food items such as American broccoli.
イオンも22日まで、ジャスコ約300店舗の円高還元セールで、アメリカ産ブロッコリーなど食品を中心に約50品目を1~3割値下げした。

In fact, importers sign exchange rate contracts with foreign suppliers, meaning the importers won't in fact see savings from the high yen until further down the road. However, with consumers expecting lower prices dealers in imported goods have held sales anyway, looking to reap the financial rewards later.
足元は為替予約が入っているため、実際に輸入価格が下がるのはまだ先だが、消費者の期待が高まっており、先取りして実施した。

The price-cutting trend is also spreading through the world of Internet commerce, including shopping portal giant Rakuten, Inc., which set up a special high-yen sale section on its site on Aug. 18. The sale corner features about 50 items such as fashion accessories and designer bags for as much as 50 percent off.
 こうした動きは、ネット上にも広がる。ネット市場を運営する楽天は、18日からサイト内に円高還元特設コーナーを設置。約5割引きのアクセサリーや高級ブランドバッグなど約50商品を展示する。

The yen has also risen against the euro, prompting import furniture chain Otsuka Kagu to hold a "Euro Furniture Fair" sale through Aug. 29.
また円はユーロに対しても、高くなっており、輸入家具大手の大塚家具は、29日まで「ユーロ家具フェア」を開く。

 円高メリットが反映されるのは最終消費財に限らない。原油やLNG(液化天然ガス)など燃料の輸入価格も下がるため、今秋の電力、ガス料金の値下げも期待される。

 原材料を海外から調達する内需型産業も同様だ。紙の原材料となる木材チップの7割を海外から輸入している王子製紙は、想定レートを1ドル=93円に設定。1円の円高で年間営業利益が5億円増えるといい「今後も円高が続けば恩恵は大きい」(広報)。

 旅行会社にも円高は追い風だ。JTBがまとめた夏休み期間(7月15日~8月31日)の調査によると、海外旅行客は前年同期比8・4%増の244万人の見通し。ユーロ安で割安な買い物が見込める欧州の人気が高いという。

 HISは6月から旅行のチラシに円高メリットを強調し集客を続けてきた。7月1日時点の夏休み期間中の海外旅行の予約状況は前年比約1割増えた。ただ、円高が15年ぶりの水準となっていることから、「過度な円高は景気の腰折れを招きかねず、旅行どころではなくなる」(経営企画室)との警戒感も。政府からも「外国人観光客の誘致は成長戦略の柱。過度の円高の影響を心配している」(観光庁)との声も漏れている。

毎日新聞 2010年8月18日 東京朝刊

|

« 南シナ海 中国進出の抑止は国際連携で | トップページ | アレナ »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南シナ海 中国進出の抑止は国際連携で | トップページ | アレナ »