« 日韓併合談話 未来志向の両国関係に弾みを | トップページ | 米国連邦政府、景気動向の停滞を発表 »

2010年8月12日 (木)

社会保障、厳しい現実(米国)

社会保障費が税収入でまかなえなくなっているのは米国も同じなんですね。
日本はもっと悲惨な状況ではないでしょうか。
年金受給で生計を立てている人は(私もです)将来受給額が減額されるのを覚悟しなければなりません。
若い人々の負担を少しでも減らすようにすべきでしょう。
(スラチャイ記)

cite from washington post

Social Security's tough truths
社会保障、厳しい現実(米国)

THIS YEAR, for the first time since 1983, Social Security will pay out more in benefits than it receives from payroll taxes -- $41 billion. This development is not an emergency, but it is a warning sign. Too soon, this year's anomaly will become the norm. By 2037, all the Social Security reserves...
1983年以来、初めて社会保障費が所得税収入を上回る。410億ドル。危機的ではないが十分の注意を喚起する必要がある。このアブノーマルな状態が定着するまでには、まだしばらく時間があるが…

|

« 日韓併合談話 未来志向の両国関係に弾みを | トップページ | 米国連邦政府、景気動向の停滞を発表 »

washington post」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日韓併合談話 未来志向の両国関係に弾みを | トップページ | 米国連邦政府、景気動向の停滞を発表 »