« 北極熊絶滅? | トップページ | インフラ輸出 オールジャパンで巻き返せ »

2010年8月 7日 (土)

防衛機器の独占的契約に反対の声(米国)

最新鋭の戦闘機The Joint Strike Fighterの製造請負契約は30年間で1000億ドル(10兆円)の莫大な金額を要するが、これを一社に独占的に落札させることに議会(上院)から反対の声があがっている。公開入札の原理を取り入れれば落札価格を大幅に縮小できる。過去この種の入札を公開入札にして落札価格を低下させた実績も多い。米国の市民も声をあげ始めているが、長年の深い癒着状態を脱することができるのか、目が離せません。公開入札で減額できる金額を失業対策に向けたほうが良いのではないでしょうか。

End the monopolies in defense contracts
防衛機器の独占的契約に反対の声

By John Lehman
Friday, August 6, 2010

Although it pains me to say it, sometimes Congress knows better than the Pentagon -- and the fight over the Joint Strike Fighter engine is a case in point. The House voted on May 27 to preserve funding for an alternate engine for the Joint Strike Fighter, despite Defense Department and White House efforts to kill the engine. The Pentagon has sought to grant one company a $100 billion sole-source contract lasting 30 years; in other words, a monopoly on producing the engine. The House said not so fast -- and moved to ensure that there would be competition for the contract. I'm quite unused to defending Congress, but on this one the lawmakers were right.

for more details, raad the following address (cite from washington post)

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/08/05/AR2010080506404.html?wpisrc=nl_opinions

|

« 北極熊絶滅? | トップページ | インフラ輸出 オールジャパンで巻き返せ »

washington post」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北極熊絶滅? | トップページ | インフラ輸出 オールジャパンで巻き返せ »