« クローバー | トップページ | 港の国際競争 上海や釜山が遠くに見える »

2010年8月16日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:抹消される立場の人 /東京

(Mainichi Japan) August 15, 2010
Kaleidoscope of the Heart: The tragedy of the forgotten
香山リカのココロの万華鏡:抹消される立場の人 /東京

Recently, a startling number of centenarians in Japan have been discovered missing, with authorities unable to confirm the whereabouts of many or even whether they are alive or dead.
 全国で、たくさんの高齢者が所在不明になっていることが明らかになった。中には、居場所どころか生存さえ確認できない人もいる。

While attention is now focused on the missing centenarians, countless similar cases -- with people saying, "We haven't contacted them in years" or "I have no idea what they're doing now" -- are bound to come out among the elderly that have not yet reached their 100th birthday.
 いま問題になっているのは100歳以上の人たちだが、もっと年齢が下でも「何年も連絡を取っていない」「どうしているかわからない」というケースは無数に出てきそうだ。

"But they have brothers and sisters and children. It's unthinkable!" one might say, but can we be so certain? Years ago, when I was working at a psychiatric hospital, I knew of a lot of patients who had been there for 20 or 30 years -- many of whom had been cut off by their families and lived their lives in hospital alone.
 「実の兄弟や子どもがいたのに考えられない」という声もあるが、そうだろうか。かつて勤務していた精神科の病院には、20年、30年といった長期入院者が多かったのだが、患者さんの多くは肉親との縁も切れ、ひとりぼっちで病院生活を送っていた。

たまに主治医の私が見るに見かねて実家に電話するのだが、弟らしき男性が出て「そんな兄はいません!」とガチャンと切られたこともあった。自分の妻や子どもには、「入院中の兄がいる」という事実さえ伝えていないのかもしれない。(この部分の英文はありません by srachai)

For example, there was one young man who was institutionalized after continued acts of violence against his family. After many years he was close to recovery and we began a rehabilitation program to prepare him for release. However, when his mother heard this she came flying to the hospital, begging with tears in her eyes, "Please don't release him. Our neighbors will see! If he comes back home, we won't be able to live there anymore!"
 こんなケースもあった。家族に暴力を振るい続けて入院した青年が何年かたって落ち着いてきたので、退院を目指してリハビリを開始した。すると母親が飛んで来て、「退院だけは勘弁して。近所の目もあるし、この子が戻ってきたらもうあそこに住めない」と泣いて拒んだことがあった。

Hearing this story, you may wonder at how cold the young man's family could be to one of their own, but they were probably struggling in their own daily lives as it was. Another patient's family member told me, "But I have to live, too." While these people probably feel remorse, they also don't have the space in their lives to accept their mentally ill kin. Then, one day, they decide their sick family member never existed, forcibly erasing their memory.
 話だけ聞くと「家族なのになんと冷酷な」と思うかもしれないが、この弟も母も必死に日々の生活を送っているのだろう。別の家族は、「私だって生きていかなきゃならないんですから」と言っていた。彼らは、心のどこかでは「申し訳ない」と思いながらも、病気を抱えた家族を受け入れる余裕はない。そしてある日、「いなかったことにしてしまおう」とその存在を無理やり記憶から消してしまうのだ。

How many people are there in Japanese society to have been erased from the hearts and minds of family and friends like this? Most are the sick, the elderly, those with crushing debt loads -- essentially the weak of our society. Recently there have even been parents who have tried to forget their children, to erase the fact of their existence.
 そうやって、家族や友人の記憶から抹消されてしまう人たちは、この社会でどれくらいいるのだろう。多くが、高齢者、病気を持つ人、借金を抱えた男性など、社会的に弱い立場に追いやられた人たちだ。最近では、子どもを「いなかったこと」にしようとする親さえいる。

Those who are deliberately forgotten, and those who feel compelled to forget are both tragic. There is no need to be overflowing and effusive with one's affection. A simple call to ask, "What are you up to?" and hear the other person say, "I'm doing this and that" is enough. Is there something special required to keep even this finest of threads from snapping? We all need to think about this question. (By Rika Kayama, psychiatrist)
 せっかく生まれてきたのに「いなかったこと」にされる人、またそうせざるをえない家族、両方ともあまりに悲しい。あふれんばかりの愛情で結びつく必要はない。「どうしてる?」「うん、なんとかやってる」。これくらいの細い糸だけは切れないようにするためには、何が必要なのか。みんなで考えたい。

毎日新聞 2010年8月10日 地方版

|

« クローバー | トップページ | 港の国際競争 上海や釜山が遠くに見える »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クローバー | トップページ | 港の国際競争 上海や釜山が遠くに見える »