« 社会保障改革 方向は与野党で一致している | トップページ | 個人課税強化 高所得層狙い撃ちは筋が違う »

2010年12月15日 (水)

スーチーさん米国の高校生たちと携帯電話で話す

On Dec 10, 2010 Nobel Peace Prize Laureate Aung San Suu Kyi spoke with a group of high school students at Vashon Island High School in WA State via cell phone. The event, perhaps the first of its kind, was recorded in its entirety.
2010年12月10日、ノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチー女史はアメリカのワシントン州にある高校生たちと携帯電話を通して会話した。このような種類のイベントの収録は多分世界で初めてではないか。

Aung San Suu Kyi was released from house arrest Nov 13, 2010 after more than 15 years of confinement. Now free, she continues her crusade for non-violent political change in Burma by reaching out to students in the United States.
スーチー女史は2010年11月13日に15年間以上にわたる自宅軟禁から開放された。
自由のみになったスーチー女史は、ビルマにおける非暴力政治改革を目的としてアメリカの学生たちに声をかける。

http://vimeo.com/17772284

スーチーさんの美しい響きのクイーンズイングリッシュは特筆される。たいへんに聞き取りやすい。
それに対して、アメリカ人高校生の米語は大変に聞き取りにくい。慣れだとは思いますが。
スーチーさんのリスニングコムプリヘンション能力の高さに舌を巻きました。
黒柳徹子さんだってここまでは到達していないと思いました^^。

|

« 社会保障改革 方向は与野党で一致している | トップページ | 個人課税強化 高所得層狙い撃ちは筋が違う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社会保障改革 方向は与野党で一致している | トップページ | 個人課税強化 高所得層狙い撃ちは筋が違う »