« クローバー ショッピング枠現金化 yahoo, rakuten | トップページ | ゆとりバンク yahoo, rakuten »

2011年1月21日 (金)

混乱新幹線―人を惑わせぬシステムを

時刻表通りの運行や安全性は、日本のセールスポイントだ。>>

これぞ日本のガラパゴス化現象の最たるもの!
世界は時刻表通りの運行なんて求めていない。
日本がパンクチュアルすぎるのにまだ気がついていない。
海外旅行をすればすぐに理解できることだ。
時刻表通りに運行できなくともまったくかまわないのだ。
中国だって日本から一両編成の新幹線を購入して、あとはそれをコピーする。
中国のコピーの技術、世界一です^^。
(スラチャイ記)

2011/01/21
--The Asahi Shimbun, Jan. 20
EDITORIAL: Computer management
混乱新幹線―人を惑わせぬシステムを

It is not uncommon for computer beginners to be at a loss thinking a computer broke down when an unfamiliar message pops up on the screen.
 パソコンにまだ不慣れなとき、画面によく知らない表示が出てきて、故障ではないかと焦った経験のある人はいないだろうか。

On Monday morning, all five Shinkansen lines operated by East Japan Railway Co. stopped for more than an hour. Simply put, the cause of the confusion can be likened to the above situation.
 17日朝、JR東日本のすべての新幹線が1時間余りストップした原因は、単純化してたとえるなら、それと似たようなものだった。

The trouble occurred on the Computerized Safety, Maintenance and Operation Systems of Shinkansen, commonly known as COSMOS, a centralized computer system that controls the operations of the Tohoku, Joetsu, Yamagata, Akita and Nagano Shinkansen lines.
 トラブルは、東北、上越、山形、秋田、長野の5新幹線の運行を一括管理するシステム「COSMOS(コスモス)」で起きた。

Due to heavy snow, the company needed to change schedules of 24 trains. Seven workers in the general control center entered adjustments on the system one after another. COSMOS was expected to predict adjusted train schedules and automatically indicate necessary steps that need to be taken, such as updating arrival times and assigning platforms at each station.
雪の影響で24本の列車のダイヤを変えることになり、総合指令室に詰めていた指令員7人が修正を順次入力。コスモスは、その後の運行状況を予測して、駅ごとの到着予定時刻や番線の変更など、必要な手順を自動的に示してくれるはずだった。

However, for purposes of expedience, the number of changes to be displayed on their monitors had been set at no more than 600. Since the required number of changes exceeded the limit, lines on the screen kept flashing on and off. Not understanding why, the workers suspected a system malfunction and stopped all the trains. This is the explanation provided by JR East after looking into the cause for a full day.
 ところが、モニター画面に表示される変更箇所は便宜的に600件までと設定されていた。その上限を超えたため、画面上の線がついたり消えたりする状態になる。指令員はどうしてそうなったか分からず、システムの不具合を疑って全列車の運行を止めた――。これが、まる1日かかって原因を解明したJR東の説明だ。

Although the system was working properly, the operators had not been informed of the setting. JR East explained that it did not tell the operators because it might distract them while managing the train schedules. This does not sound convincing.
 システムは仕様通りに動いていたのに、操作する人がその仕様を知らされていなかった。JR東は「ダイヤ管理に集中してもらうためだった」と釈明するが、説得力はあるだろうか。

COSMOS started operations in 1995. Since then, although the number of daily train services grew 40 percent, the way the monitors displayed changes had not reflected the growth. When train services are disrupted because of bad weather, it is questionable that the system design division had been informed of predicted changes in schedules.
 コスモスの運用開始は1995年。1日の列車本数はこの間に4割ほども増えたのに、表示の仕組みは対応するものになっていなかった。悪天候で運行が乱れたとき、どの程度ダイヤ変更がありそうか、システム設計部門に伝わっていなかったのではないか。

In the old days, the planning and changing of train schedules was the realm of experienced craftsmanship of railway workers using rulers and pencils. COSMOS was introduced to automate the work, to prevent human errors, and to advance precision and safety. It appears that in the process of shifting from human to mechanical systems, there was an unexpected pitfall.
 かつて鉄道ダイヤの作成・変更といえば、定規と鉛筆を手にした鉄道マンの職人的技術の領域だった。それを自動化して人為ミスを防ぎ、正確さと安全をより追求しようと導入されたのがコスモスだ。人から機械システムへと移行する過程で、思わぬ落とし穴があったともいえる。

Railways are operated by both humans and machines. Communication and sharing of information are indispensable between system designers and train operators as well as their respective organizations.
 だが、鉄道は人と機械の両方で運用されるもの。システム設計者と運行担当者の間で、それぞれの組織の間で、意思疎通や情報共有は欠かせない。そんな教訓が浮かび上がる。

The government is contemplating sales of Shinkansen cars and operating systems to foreign countries as a set. Train services that strictly follow timetables and safety are Japan's selling points. Why not thoroughly re-examine the usability of operating systems at this juncture?
 新幹線の車両と運行体制をセットで海外に売り込もう。政府はそんな戦略を立てている。時刻表通りの運行や安全性は、日本のセールスポイントだ。この際、運行システムの使い勝手をみっちり点検してはどうか。

The problem is not limited to public transportation systems. Take, for example, the operation of such lifelines as nuclear power generation, economic activities such as the use of automatic teller machines and electronic transactions and exchange of information through the Internet.
 交通機関に限らない。原発などライフラインの運行や、現金自動出入機(ATM)や電子決済といった経済活動、ネットを通じた情報のやりとり。

Without various computer systems, modern society would come to a halt. Do people have the capacity to use them effectively? Aren't the systems confusing? This is a good opportunity to draw a lesson.
様々なシステムなしで現代社会は動かない。人は使いこなせているか。人を惑わせるシステムになっていないか。他山の石とする機会だろう。

|

« クローバー ショッピング枠現金化 yahoo, rakuten | トップページ | ゆとりバンク yahoo, rakuten »

04-英字新聞(朝日2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クローバー ショッピング枠現金化 yahoo, rakuten | トップページ | ゆとりバンク yahoo, rakuten »