« 東北高速無料化 「ただ乗り」許せば意味がない | トップページ | 戦後66年 政治の「脱貧困」をめざせ »

2011年8月16日 (火)

余録:オノ・ヨーコさんの「透明な迷路」

(Mainichi Japan) August 16, 2011
Yoko Ono's transparent maze reflects on life's obstacles
余録:オノ・ヨーコさんの「透明な迷路」

Mazes appear to have attracted people since ancient times.
 迷路とは昔から人を引きつけるものらしい。

Henry II, king of England in the 12th century, is said to have harbored his lover in a gigantic maze.
巨大な迷路の中の家で愛人をかくまっていたとされるのは12世紀のイングランド王、ヘンリー2世だ。

A novel featuring the poisoning death of the king's lover has recently drawn attention in Japan.
その愛人が毒殺された事件を題材にした小説が日本でも話題になっている

A maze set up at the site of Yokohama Triennale 2011, an international exhibition of modern art under way in Yokohama, is popular with visitors.
▲この夏開かれている現代美術の国際展「ヨコハマトリエンナーレ2011」でも迷路が人気だ。

The maze, produced by Yoko Ono, is unique in that it is made of transparent walls.
普通と違うのは透明な壁で作られており、見えることだ。

At the center of the maze is a telephone, which occasionally rings.
中心部には電話があり、たまに呼び出し音が鳴る。
If a visitor lifts the receiver, they can hear Yoko Ono speak.
観客が受話器を取ると、この迷路の作者であるオノ・ヨーコさんが話しかけてくるという仕掛けだ

The transparent maze is a metaphor for real society.
▲「透明な迷路」は現実社会の暗喩でもある。

Where people should go is visible in the eyes of everybody, but nobody can go ahead because they are blocked by transparent walls.
どこに行くべきか誰もが見えているのに、透明な壁に阻まれ先に進めない。

In other words, nobody knows how to reach their destination.
どうやって行くのかがわからないのだ。

A world without nuclear weapons has been earnestly sought, but why can't it be realized?
核なき世界がこれだけ希求されながら実現しないのはなぜか。

Many political forces largely share the goals of restoring quake- and tsunami-hit areas and the livelihoods of disaster victims and reforming social security systems, but progress in efforts to achieve these goals cannot be easily made.
復興対策も社会保障改革も目指すところはそう違わないのに容易に進まない

Since ancient times, mathematicians have tried to develop a method of figuring out mazes, but it is not easy to find the shortest way to go through a maze.
▲迷路の解読法に古くから数学者らが挑んできたが、最短で通り抜ける法則は簡単には見つからない。

However, if one marks off the way they passed and avoids repeating the same mistake, they can reach their goal after walking for a distance less than twice the total extension of the maze.
しかし、通った所に印を付けて同じ間違いをしなければ、どんなに遠回りしても迷路の全長の2倍以下でゴールにたどり着ける。

The key is not to repeat a mistake.
間違いを繰り返さないという点が肝心である

The theme of Yokohama Triennale 2011 is "How Much of the World Can We Know?"
▲今回のトリエンナーレのテーマは「世界はどこまで知ることができるか?」。

In other words, it aims to focus on matters that cannot be clarified with science or reason, and thereby rediscover values we've almost forgotten and reconsider relations between people and nature.
科学や理性では解き明かせない領域に目を向け、忘れ去られていた価値観や人と自然の関係を考えようという趣旨だ。

It goes without saying that the organizer of the event takes into account what the world is like following the March 11 Great East Japan Earthquake.
大震災後の世界を意識したものであることは言うまでもない

The extremely hot summer continues.
▲猛暑は続く。

Isn't it interesting to think about implications by Yoko Ono in the transparent maze?
「透明な迷路」の中でオノさんが投げかける暗示について考えるのも一興ではないか。

("Yoroku," a front-page column in the Mainichi Shimbun)
毎日新聞 2011年8月16日 0時03分

|

« 東北高速無料化 「ただ乗り」許せば意味がない | トップページ | 戦後66年 政治の「脱貧困」をめざせ »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北高速無料化 「ただ乗り」許せば意味がない | トップページ | 戦後66年 政治の「脱貧困」をめざせ »