« google page rank for my blogs and HPs | トップページ | 敬老の日 住民が見守り合う地域社会に »

2011年9月20日 (火)

検索ワードの検証

検索ワードは短いほど効果的ですが、短いほど競争率が激化します。
長ければ、その検索ワードは必ず上位を占めることができますが、検索する側の立場に立ってみれば、出来るだけ短い検索ワードで検索する傾向にあります。
「英字新聞」は高価な検索ワードで検索上位は新聞社により占められています。
「社説」「学習」「研究」では「学習」というワードが高価です。「社説」「研究」は「学習」に比べて安価なのです。
下記は検索ワード別のランキングですが、すべて検索ワードの一ページ目(トップページ)に掲載されています。

で、気になったので昨夜ほぼ徹夜をして自分の管理運営するブログとHPの主なものにつき、google page rank (グーグル ページ ランク)を調べてみました。ページランクは0から始まり10が最高ランクです。10は個人のブログではかなり難しいみたいです。ページランク5を維持するためには、かなり努力を要するということですが、徹夜をしたかいがありました。グーグルページランク7がいくつかありました。

http://kiyoshimatforklog.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/google-page-ran.html

思っていたよりもずっと好成績で驚いています。これで記事あたり2000円~10000円のアフィリエイト原稿を書く権利を確保できたのです。もっとも、手を抜いてページランクに見合う記事を書かない場合には、すぐに業界からのオファーは来なくなってしまいます。昨夜は成果がありました(汗)。









|

« google page rank for my blogs and HPs | トップページ | 敬老の日 住民が見守り合う地域社会に »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« google page rank for my blogs and HPs | トップページ | 敬老の日 住民が見守り合う地域社会に »