« 年金支給年齢 引き上げは雇用確保と一体で | トップページ | 社説:新聞週間 震災と向き合い続ける »

2011年10月15日 (土)

日本年金機構、未必の故意

今年の5月、日本年金機構高井戸事務所より年金に関する現況届の葉書が送付されてきましたが、タイ人妻の名前は意図的に消去されていました。配偶者の欄が無しとなっていたのです。未必の故意に相当する悪質な行為であると断じます。日本年金機構高井戸事務所に抗議の手紙を出し返事をもらうまでの流れを、整理しておきました。

2011年05月31日
現況届

http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/srachai/diary/d2061

2011年06月02日
日本年金機構へ抗議文を送りました

http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/srachai/diary/d2063

2011年08月18日
元凶は日本年金機構高井戸事務所

http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/srachai/diary/d2219

|

« 年金支給年齢 引き上げは雇用確保と一体で | トップページ | 社説:新聞週間 震災と向き合い続ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年金支給年齢 引き上げは雇用確保と一体で | トップページ | 社説:新聞週間 震災と向き合い続ける »