« 欧米経済混乱 余りにも遅い危機封じ込め策 | トップページ | 大阪ダブル選 「都構想」への関門はなお多い »

2011年11月28日 (月)

TOEIC対策なら六単塾

実話です。
このご報告がうそいつわりではないことを誓います。

最初に会社から海外工事要員として目をつけられたのは今から25年ほど前のことです。
東京の英会話学校のネイティブの先生たちから2ヵ月半の英会話研修を受けました。
私は主席で研修を終了後、すぐにビルマに飛ばされました。たった一人で。心細かったですね。

一次帰国時に会社からTOEICテストを受けさせられました。
640点でした。

それから海外畑で修行して英語力もついたのかなという時点で再度会社からTOEIC受験を命じられました。
765点でした。

受験の前日宴会がありひどい二日酔いでの受験ではありました。
あんなに英語ずくめの仕事をしていても、わずか100点くらいしか伸びていないので会社もさぞかしがっかりしたでしょう。

で、六単塾の英会話・TOEICの専門塾なのです。

六単塾の英会話・TOEICの専門塾で学習していれば、とっくに900点突破していたのではないかと思います。

六単塾では、決して無理な詰め込み主義的学習方法はとっていないのです。
「1日わずか10分!楽しくて待ち遠しい英語学習」というのが六単塾の指導方針であり塾のキャッチフレーズとなっています。
TOEIC対策なら六単塾がお勧めです。

TOEIC900点突破をめざして頑張ろうではありませんか。

|

« 欧米経済混乱 余りにも遅い危機封じ込め策 | トップページ | 大阪ダブル選 「都構想」への関門はなお多い »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 欧米経済混乱 余りにも遅い危機封じ込め策 | トップページ | 大阪ダブル選 「都構想」への関門はなお多い »