« ついに出ました 「記事作成サービス」サイト | トップページ | 米ゼロ金利継続 景気低迷に警戒強めたFRB »

2012年1月27日 (金)

火災保険はインズウェブで見積もり比較をして、一番安いものを選びましょう

民主党が政権を奪取してからすでに2年以上が経過しましたが、マニフェスト通りにはまったく行っていませんよね。
失業率は6%と高止まり、景気は沈滞し、円高、貿易収支の赤字で日本丸はめった打ち状態なのです。
こんな時代ですから、これはもう節約術を駆使するしかないですね^^。
火災保険を見直すことでかなりの節約ができますよ。
スラチャイがサイトで調べて来ました。

火災保険というものは色んな事故に対応しているのですね。驚きました。
インズウェブのこんなときに使える火災保険100事例にたくさん実例が掲載されています。
で、今回の新発見ですが、私たちが毎年支払っている火災保険料には水害のための保険料も含まれているのです。具体的には火災保険の保険料の約20%の金額は水害保険なのです。

例えば、あなたがマンションの上層階に住んでいるとか、水害が発生しない高台に住んでいる場合でも、この水害保険も併せて支払っているということです。
で、この水害保険部分は請求すれば保険金が還付されるということらしいです。
25年分の水害保険分、約10万円が取り戻せるかも知れませんよ。
これを見逃す手はありません。

インズウェブの無料の見積もりサービスで調べてみてくださいね。

(情報源はスラチャイ作成の記事です)汗;

|

« ついに出ました 「記事作成サービス」サイト | トップページ | 米ゼロ金利継続 景気低迷に警戒強めたFRB »

火災保険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ついに出ました 「記事作成サービス」サイト | トップページ | 米ゼロ金利継続 景気低迷に警戒強めたFRB »