« 北極海開発 日本の発言権をどう確保する | トップページ | 与野党の対立 衆院選改革の放置にあきれる »

2012年8月29日 (水)

パラリンピック 五輪に続く感動を期待したい

The Yomiuri Shimbun (Aug. 29, 2012)
More excitement awaits at London Paralympics
パラリンピック 五輪に続く感動を期待したい(8月28日付・読売社説)

The Paralympic Summer Games, a quadrennial sports event for disabled athletes, will open Wednesday in London, where memories of the thrills and excitement of the recent Olympic Games still linger.
 ロンドン五輪の感動と興奮が冷めやらぬ中で、あす29日、障害者スポーツの祭典・夏季パラリンピックが開幕する。

This year's Paralympics will be the largest ever, with about 4,200 athletes from 166 countries and territories participating. In addition to physically disabled athletes, mentally disabled competitors will take part for the first time in three meets.
 166の国・地域から約4200人が参加する過去最大規模の大会だ。身体障害者に加え、知的障害者が出場する競技も3大会ぶりに復活する。

Since Beijing in 2008, the Olympics and the Paralympics have been staged by the same organizing committee of the host country. This year's entries include Oscar Pistorius of South Africa--a short-distance runner with artificial legs--and other athletes who competed at the London Games.
 4年前の北京大会から、五輪とパラリンピックは同じ組織委員会が運営する態勢になった。両脚義足の短距離走者オスカー・ピストリウス選手(南アフリカ)など、五輪とパラリンピックの両方に出場するアスリートもいる。

===

Athletic abilities rise

Athletic performances have improved at each Paralympics as fewer events are classified according to athletes' degree of disability. Like at the Olympics, participating nations are competing for medals at the Paralympics, making it a stage for raising national prestige.
 障害の程度に応じた種目の数はかなり絞り込まれ、競技レベルは大会ごとに高まっている。五輪と同様、参加国はメダルの獲得数を競い合い、国威発揚の舞台にもなりつつある。

The Paralympics, it can be said, are now regarded as "the second half of the Olympics" rather than "another Olympics."
 今や「もう一つの五輪」というより、“五輪後半戦”と見ることもできるだろう。

From Japan, 135 athletes will take part in 17 events. They aim to exceed the haul of 27 medals won in Beijing.
 日本からは17競技に135選手が出場する。北京大会の27個を上回るメダルの獲得が目標だ。

Wakako Tsuchida, who as captain leads the Japanese athletes, will compete in the wheelchair 5,000 meters and marathon. Japan's squad includes Shingo Kunieda, who is among the world's top wheelchair tennis players, and other athletes capable of winning gold.
 主将として選手団を率いる土田和歌子選手は、車いす陸上の5000メートルとマラソンに挑む。車いすテニスで世界屈指の実力を持つ国枝慎吾選手など、金メダルを狙える選手は少なくない。

Seven players from Miyagi MAX, which lost its practice facility in last year's Great East Japan Earthquake, will take to the court in wheelchair basketball. Their performance on the global stage will certainly boost the morale of people in disaster-stricken areas.
 車いすバスケットボールには、東日本大震災で練習場を失ったクラブ「宮城MAX」から7人の選手が出場する。逆境を乗り越えて世界の舞台に立つ姿は、被災地を勇気づけるに違いない。

===

Tokyo should watch, learn

Britain is the birthplace of the Paralympics. When London hosted the 1948 Olympics, a wheelchair archery event was held in the Stoke Mandeville Hospital in the city's suburbs, marking the first organized athletic event for the disabled.
 英国はパラリンピック発祥の地である。ロンドンが前回1948年に五輪を開催した際、これに合わせて、近郊のストーク・マンデビル病院で車いすアーチェリーの競技を行ったのが始まりだ。

Sixty-four years on, this year's Paralympics will aspire to develop further the world's foremost athletic event for the disabled while upholding its original spirit.
 64年後の今年、障害者スポーツの原点を想起しつつ、さらなる発展を目指す大会ともなろう。

Tokyo, which is a candidate to host the 2020 Olympics and Paralympics, should use the London Paralympics as a reference. Both Games must be prepared in tandem from the planning stage and many of their events use the same facilities.
 今大会は、2020年の五輪・パラリンピック招致を目指す東京にとっても、大いに参考になるはずだ。準備段階から五輪と一緒に計画を進め、同じ競技施設で行う種目も多い。

Presenting a vision for holding the Paralympics and the Olympics integrally could be crucial to sealing Tokyo's bid to host the 2020 sports extravaganzas.
 五輪との一体的開催の方向を強めつつあるパラリンピックの将来像を明確に示すことが、東京招致実現の一つのカギになる。

The government needs to expand its assistance for disabled sports athletes. The bidding committee formed by the Tokyo metropolitan government among others must emphasize the features of Tokyo from the viewpoint of the disabled.
 政府は障害者スポーツの支援態勢を拡充する必要がある。東京都などで組織する招致委員会は、障害者に配慮した都市の姿をアピールすることが重要だ。

Public interest in Tokyo's bid for the 2020 Olympics and Paralympics will rise provided the capital can explain clearly the point of hosting them.
 東京で開催する意義を分かりやすく提示してこそ、招致への国民の関心も高まるだろう。

(From The Yomiuri Shimbun, Aug. 28, 2012)
(2012年8月28日01時45分  読売新聞)

|

« 北極海開発 日本の発言権をどう確保する | トップページ | 与野党の対立 衆院選改革の放置にあきれる »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北極海開発 日本の発言権をどう確保する | トップページ | 与野党の対立 衆院選改革の放置にあきれる »