« 衆院選政権公約 実現可能な政策へ論議深めよ | トップページ | シリア混迷 周辺諸国の不安定化も心配だ »

2012年8月23日 (木)

アプリの開発と作成で、停滞している日本経済を立て直す

私には二人の娘たちがおりますが、それぞれ小学校と幼稚園に通っております。
上の娘には数年前にスマートフォンを買い与えましたが、iPhoneというものが出現してから、その機能のあまりの違いによるものでしょうか、毎日iPhoneを父親である私におねだりいたします。
ついに、根負けして、先週の土曜日にiPhoneを買いに出かけました。
iPhoneはお値段がスマートフォンに比べるとお高いので一瞬躊躇致しましたが、娘の喜ぶ顔が見たくて決断いたしました。清水の舞台から飛び降りる心境ではありました。なにしろ、安月給なものですから。

上の娘にiPhoneを買ってあげると、幼稚園に通う下の娘も父親におねだり。
今はやりのアングリーバードのゲームがしたいと申します。
iPhoneを2台買うと、今月ご飯を食べていくことが出来なくなりますので、すぐ横に展示されていたアンドロイド8インチパッドを購入することにいたしました。こちらはiPhoneの四分の一くらいのお値段なので楽に買えました。

自宅に戻ると、上の娘が、もう自分が使わなくなったスマートフォンを父親の私に譲ってくれました。
これが、実に面白いのです。
ユーチューブの動画なども携帯電話サイズの小さな窓の中でサクサクと動きます。
私はインターネットに接続して自分のサイトに接続しましたが、文字はさすがに小さいですね。
私がうんうん、唸っていると、娘がやって来て言いました。
こうすると大きくなるよって言いながら、画面を引き延ばすように2本の指を上手に使ってスライドいたしました。
大きな文字が瞬時に現れたのを見て、私はおもわず、おーっと歓声を上げてしまいました。

私は今まで何をやっていたのか?
こんな楽しみが世の中にあることをまったく知らなかったのです。
ストアから次々と無料のアプリをダウンロードして遊びました。
これからは、PCよりもiPhone、スマートフォンのアプリの時代が到来するような予感がいたしました。
いや、もうすでに世の中はアプリ全盛期ではないでしょうか。
今時、携帯を所有していない人は珍しいので、アプリがこれだけ人々から受ける理由も理解できます。
アプリの開発と作成は、停滞している日本の景気を改善してくれる最終兵器となるのではないでしょうか。

|

« 衆院選政権公約 実現可能な政策へ論議深めよ | トップページ | シリア混迷 周辺諸国の不安定化も心配だ »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衆院選政権公約 実現可能な政策へ論議深めよ | トップページ | シリア混迷 周辺諸国の不安定化も心配だ »