« 出生前診断 「命の選別」助長せぬルールを | トップページ | 視覚的で使いやすいブックマークならライフリストです »

2012年9月11日 (火)

育毛シャンプーの正しい選択肢はノンシリコンシャンプーだったのです(汗);

私は慣れない海外での仕事と、加えて、事務処理の膨大さによるストレスにより円形脱毛症にかかったことがあります。今でこそ髪の毛がふさふさに快復しておりますが、当時は円形脱毛症で直径約20センチメートルにわたり、まるで漫画で良く出て来るカッパの頭みたいに禿げ上がってしまいました。

それは、日本のスリランカ向け政府開発援助でしたが、そのプロジェクトの主任技師を担当しておりました。
現地採用のタイピストとセクレタリー併せて数名はすべて女性でした。
ある日突然、私は彼女たちの視線を、なんと、私の頭の方に感じました。
彼女たち、禿げかかっている私の頭のほうを見ては含み笑いをするのですよ。
これはとても辛かった。陰湿ないじめを受ける辛さみたいなものを感じましたが、私には為す術(すべ)がありませんでした。

その一件以来、私は髪の毛を取り戻すべく、ありとあらゆる育毛剤に手を出し、出費した金額も半端ではありませんでした。なんとかして短期間で挽回したかったからです。ハゲの汚名を晴らしたかった。
私の場合、運良く毛根がまだ完全に死滅していなかったので、かろうじて自分の髪の毛を取り戻すことができました。毛根が死滅している人は、かつらか植毛しかないというサイト情報に震え上がった思い出がございます。

髪が抜け落ちる苦しみは耐え難いものではありました。
私は当時の西ドイツから、わざわざ毛はえ薬を輸入して治療しました。
それから、豚毛のブラシで頭を叩きました。そこにはうっすらと血が滲んでおりました。
まさに、血の滲むような努力をしたわけなのです。

スリランカのプロジェクトが完成するまで6年間を要しましたが、無事竣工し、私は日本に晴れて帰国することができました。日本に戻ってから、すぐに育毛シャンプーというものを使い始めました。
現在、日本では通販を中心として実に様々な種類の育毛シャンプーが販売されています。

で、つい今しがたですが、サイトで発見したのが「ノンシリコンシャンプー研究会」というサイトです。
まさに、目から鱗が落ちるとはこのことですね。私は今まで何をしていたのか?
育毛シャンプーの種類の選択が、その後の髪の運命を決定づけるのです。

こちらのリンクで詳細が確認できます。

|

« 出生前診断 「命の選別」助長せぬルールを | トップページ | 視覚的で使いやすいブックマークならライフリストです »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 出生前診断 「命の選別」助長せぬルールを | トップページ | 視覚的で使いやすいブックマークならライフリストです »