« 大学生と就職 学んだ成果も評価する採用に | トップページ | 大阪維新の会 大衆迎合的な公約が気になる »

2012年9月 5日 (水)

漂流がれき 日本は処理に積極的な支援を

The Yomiuri Shimbun (Sep. 5, 2012)
Japan must help dispose of debris floating across Pacific
漂流がれき 日本は処理に積極的な支援を(9月4日付・読売社説)

Debris swept away by the tsunami generated by the Great East Japan Earthquake last year has started washing ashore along the Pacific coast of North America. The amount of debris arriving on this coastline is expected to spike from October.
 東日本大震災の津波で海に流出したがれきが、北米の太平洋沿岸に漂着し始めている。流れ着く量は10月以降、急増する見通しだ。

Chief Cabinet Secretary Osamu Fujimura said Monday the government "will devise measures as soon as possible" to dispose of this debris. This is the natural course of action.
 藤村官房長官が3日、漂流がれきの処理問題について、「出来るだけ早く対応を取りまとめたい」と語ったのは当然である。

Japan must step up efforts to study what assistance it should provide to the United States and Canada to deal with this debris.
 米国やカナダに対し、日本としてどのような支援ができるのか、検討を急がねばならない。

The Environment Ministry estimates 5 million tons of wreckage was dragged out to sea from Iwate, Miyagi and Fukushima prefectures. Of this, 1.5 million tons is believed to be adrift on the ocean, rather than sinking to the seabed. Much of this is said to be the remnants of destroyed houses.
 環境省の推計によると、岩手、宮城、福島3県から流出したがれきは500万トンに達する。そのうち150万トンは海底に沈まず、漂流物になったとみられる。倒壊した家屋のがれきが多いという。

A soccer ball belonging to a primary school student in Miyagi Prefecture was found on a beach in Alaska. This was among several heartwarming stories reported in connection with debris drifting from northeastern Japan.
 これまで、宮城県の小学生のサッカーボールが米アラスカ州で見つかったことなどが、美談として取り上げられてきた。

===

Big problem for U.S., Canada

But if debris begins washing ashore in great quantities, disposing of it will certainly become a major headache for U.S. and Canadian states on the Pacific Coast.
 だが、今後、漂着が本格化すれば、米国やカナダの沿岸州にとって、がれき処理が大きな問題となることは間違いない。

Some estimates suggest the debris could keep turning up for several years. The state government of Oregon has already earmarked a budget to deal with it.
 漂着は数年間にわたって続くとの予測もある。米オレゴン州などでは既に、対策のための予算を計上している。

There are no international rules stipulating how to dispose of debris that washes ashore after drifting across the sea. Conventionally, getting rid of the debris would be undertaken by the country where it came ashore. So the Japanese government is not officially obliged to get involved in disposing of this debris.
 海を渡って漂着するがれきの処理に関し、国際的なルールは存在しない。流れ着いた側の国が実施するのが通例で、今回、発生した漂流がれきについても、日本政府に処理の義務はない。

Even so, Japan should not stand aloof. After all, it is the origin of this unprecedentedly huge quantity of debris. Actively helping with debris disposal would be a display of gratitude for the assistance provided by the United States and other nations after the March 11, 2011, disaster.
 そうだとしても、過去に例のない膨大な量のがれきの発生元として、傍観は出来ない。処理に積極的に協力することが、大震災後、米国などから受けた支援に対する感謝の意思表示ともなろう。

We think the government should hold frequent consultations with its U.S. and Canadian counterparts on this issue, including talks on sharing disposal costs.
 政府は、処理費用の負担問題も含め、米、カナダ両国政府と協議を重ねてもらいたい。

===

Precise projections crucial

The most pressing task for the time being is to use satellites and other methods to determine as precisely as possible how much debris will come ashore, and when and where this will happen.
 当面、最も重要なのは、漂流がれきが、いつごろ、どの地域に、どの程度流れ着くかについて、衛星などを活用して、出来る限り精密に予測することである。

Analyzing the data will require more detailed exchanges of information between experts from the countries concerned. This acquired data must be shared by the affected nations to help them work out concrete measures for cleaning up coastal areas.
 分析にあたっては、既に実施している各国の専門家同士の情報交換を、より密にすることが大事だ。得られたデータは、関係国で共有し、沿岸地域の具体的な対策に役立てねばならない。

There are fears washed-up debris could bring various problems.
 漂流がれきは、様々な問題を引き起こす恐れがある。

Authorities must remain vigilant to ensure the debris does not endanger vessels sailing in these waters. There is the possibility that Japanese sea life on the debris could propagate after coming ashore and seriously affect local ecosystems as alien species.
 船舶の航行に危険を及ぼさないか、警戒を怠ってはならない。がれきに付着した日本の生物が漂着先で繁殖し、「外来種」として現地の生態系に深刻な影響を与える可能性もある。

The government must put systems in place that can react promptly to every conceivable eventuality.
 日本政府は、起こり得る事態を想定し、迅速に対処できる態勢を整えておくべきだ。

(From The Yomiuri Shimbun, Sept. 4, 2012)
(2012年9月4日01時19分  読売新聞)

|

« 大学生と就職 学んだ成果も評価する採用に | トップページ | 大阪維新の会 大衆迎合的な公約が気になる »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大学生と就職 学んだ成果も評価する採用に | トップページ | 大阪維新の会 大衆迎合的な公約が気になる »