« 輿石幹事長再任 「近いうち」の真意が問われる | トップページ | 液化天然ガス 官民連携で高値買い是正せよ »

2012年9月26日 (水)

いじめ問題 悪質な行為には厳しい処置を

The Yomiuri Shimbun (Sep. 26, 2012)
Malicious bullying must be sternly punished
いじめ問題 悪質な行為には厳しい処置を(9月25日付・読売社説)

Serious bullying cases have been revealed one after another.
 深刻ないじめが相次いで表面化している。

To discover bullying early, it is essential for teachers not to overlook signals given by students.
 教師は、いじめの早期発見のため、子供が発するサインを見逃さないことが大切だ。

In Kawagoe, Saitama Prefecture, a male second-year student at a municipal middle school was critically injured in January when he was beaten unconscious by male classmates. He had been bullied frequently since entering the school.
 埼玉県川越市で今年1月、市立中学2年の男子生徒が同級生から暴行され、意識不明の重体となった。この生徒は入学時から常習的ないじめを受けていた。

In Kawanishi, Hyogo Prefecture, a male second-year student at a prefectural high school committed suicide this month. It was revealed that he had also been bullied by classmates.
 兵庫県川西市では今月、県立高校2年の男子生徒が自殺した。やはり同級生からのいじめがあったことが明らかになっている。

The school authorities failed to detect the signs of bullying in either case. It is truly regrettable that adequate measures could not be taken before the lives of the students were threatened.
 いずれも学校はいじめを見抜けなかった。子供たちの命が脅かされるまで適切な対応がとられなかったことが残念でならない。

According to a survey by the Education, Culture, Sports, Science and Technology Ministry, 70,231 cases of bullying were acknowledged in fiscal 2011 by primary, middle and high schools and other entities across the country. The figure shows a decrease of 7,399 from the previous fiscal year and represents the lowest since the current survey method was introduced in fiscal 2006.
 文部科学省の調査によると、昨年度に全国の小中高校などで認知されたいじめは7万231件だった。前年度より7399件減少し、現在の調査方法になった2006年度以降では最も少ない。

===

Findings cannot be trusted

But these survey findings cannot be taken at face value because, as in the Kawagoe and Kawanishi cases, school authorities have been shown to be lax in detecting bullying. A typical example is a case in Otsu in which a second-year student at a municipal middle school killed himself.
 しかし、この結果を額面通りに受け取る訳にはいかない。川越市や川西市のケースのように、学校側の実態把握に甘さがあるからだ。滋賀県大津市の市立中学2年生が自殺した事件は、その典型と言えるだろう。

In dealing with bullying, bullies must be given persistent guidance.
 いじめ問題の対応では、加害生徒らを粘り強く指導し、解決に導いていくことが求められる。

If guidance does not help, school authorities will have to take stern action.
 それでも、いじめがやまず、指導の限界を超えるような場合には、学校側が厳しい処置をとることが必要だ。

One such action could be suspension.
 その一つが、加害生徒への出席停止措置の活用である。

In the case of pupils and students at public primary and middle schools, suspension is provided for in the School Eduction Law.
 公立小中学校の場合、児童・生徒の出席停止は、学校教育法に規定されている。

The Education Rebuilding Council, a government advisory panel, has recommended the active use of suspension to deal with bullying.
これまでも、教育再生会議がいじめ対策として、積極活用を提言している。

But there were only 11 cases in the past five years in which suspension was applied to stop bullying. There were none in fiscal 2011.
 しかし、過去5年間にいじめを理由にした出席停止は11件にとどまり、昨年度はゼロだった。

===

Respect dignity of victims

On the other hand, as many as 353 primary and middle school victims of bullying transferred to other schools in fiscal 2011.
 一方で、昨年度にいじめを受けて転校した小中学生は353人にのぼる。

It is problematic that the victims ended up being driven out by the bullies.
加害者が被害者を学校から追い出す結果になっているのは問題である。

Bullying should be reported to police without hesitation.
 警察への通報もためらうべきではない。

The education ministry, for its part, has incorporated strengthened cooperation with police in the overall anti-bullying measures it compiled this month.
文科省も、今月まとめた「いじめ総合対策」に、警察との連携強化を盛り込んだ。

From an educational standpoint, school authorities still tend to take a passive stance toward cooperating with police in dealing with school bullies.
 学校現場には、加害生徒に対する教育的な配慮から、警察との連携に消極的な傾向が残る。

However, bullying is an illegal act that ignores the dignity of its victims.
 だが、いじめは相手の尊厳を無視した違法行為である。

Beating and the extortion of money and goods constitute crimes.
殴ったり、金品をたかったりするのは、暴行罪や恐喝罪に該当する。

It is vital to teach social rules during class hours so that students can understand why bullying cannot be permitted.
 授業の中で社会のルールを教え、「なぜいじめが許されないか」を理解させることが肝要だ。

(From The Yomiuri Shimbun, Sept. 25, 2012)
(2012年9月25日02時13分  読売新聞)

|

« 輿石幹事長再任 「近いうち」の真意が問われる | トップページ | 液化天然ガス 官民連携で高値買い是正せよ »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 輿石幹事長再任 「近いうち」の真意が問われる | トップページ | 液化天然ガス 官民連携で高値買い是正せよ »