« 駆け込み退職 教育現場に混乱生じぬ対応を | トップページ | 13年度予算案 デフレ脱却へ問われる積極策 »

2013年1月30日 (水)

息苦しい日本の税制を逃れてみませんか オフショア投資です

今から15年前くらいですが、日本での生活に見切りをつけてタイに移住いたしました。
50歳で早期退職したので、生きるために、たくさんのお仕事をいたしました。
日本語学校講師、日英英日翻訳業、タイ株式投資、インターネットを使ったアフィリエイトなどです。

アフィリエイトを始めてから、かれこれ7年くらいが経過いたしますが、最初はなんと月収1000円にもなりませんでした。アフィリエイトで収益が得られるようになったのは、つい最近のことなのです。ところがそこには税金という落とし穴が待ち構えていました。

タイでアフィリエイトをしていても実体が日本にあるので日本の税務署に申告しなければならないということなのです。こんなに苦しい思いをして、せっかくアフィリエイトで稼げるようになっても税金を日本の税務署にお金を支払うのは辛いですよね。
そこで、息苦しい日本の税制を逃れられる手法を探してみました。

キーワードはオフショア投資、タックスヘイブンです。
タックスヘイブンの国としてはシンガポールが有名なのですが、投資に限っては香港みたいですね。

オフショア投資とはとは税金が無い、または税率が著しく低い国や地域での投資のことをいいます。香港で投資すれば、なんと、売却益にかかる税金が無い、相続税が無い、贈与税が無いのとても有り難い三(さん)無いシステムらしいですね。タイ株式が一息ついたら、香港を目指します。

|

« 駆け込み退職 教育現場に混乱生じぬ対応を | トップページ | 13年度予算案 デフレ脱却へ問われる積極策 »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駆け込み退職 教育現場に混乱生じぬ対応を | トップページ | 13年度予算案 デフレ脱却へ問われる積極策 »