« 香山リカのココロの万華鏡:新しいプライド /東京 | トップページ | 春闘スタート 景気回復へ問われる労使協調 »

2013年1月31日 (木)

香山リカのココロの万華鏡:怒りの対象は他にいる? /東京

January 20, 2013(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Could the target of sibling anger be elsewhere?
香山リカのココロの万華鏡:怒りの対象は他にいる? /東京

During consultations in January, I often hear stories about going home for the New Year's holidays. Most of them are negative stories about clashes and hurt feelings among family.
 1月の診察室では、「正月の帰省」をめぐる話題がよく語られる。それも、どちらかというと「家族とぶつかった、傷つけられた」というネガティブな話が多い。

In particular, stories about clashing with siblings stand out. Having become adults and made their own families, there is a newfound inequality among them. Complaints arise over how much they are helping around the house, or treating other family members. At the end, they add, "You know, he/she has been like that since they were a kid."
 中でも目につくのが、実家で久しぶりに顔を合わせたきょうだいと衝突した話だ。とくにお互いおとなになっていたり家族を築いていたりすると、きょうだい間でも“格差”が生まれる。「兄一家が帰省したけれど何もせず、妹の私ひとりが働いた」「妹がウチの子どもにお年玉をくれなかった。私はあげたのに」など、何かにつけ比べては「ひどい、ずるい」と相手を非難する。そして最後につけ加わるのが、「そういえばあの人は子どもの頃からそうだった」というひとことだ。

Psychologist Carl Jung gave these fights and jealousies among siblings a name, a "Cain Complex," after the Old Testament's Cain, who killed his brother Abel for being shown more favor by God.
 きょうだい間の嫉妬、憎み合いなどの葛藤に、心理学者のユングは「カインコンプレックス」という名前をつけた。カインとは旧約聖書に出てくる人物で、「自分よりも神さまに気に入られた」という理由で弟のアベルを殺害してしまう。

Interestingly, though it was God who showed different levels of favor, Cain's disdain was for his brother.
Perhaps it is the same for regular sibling rivalries. Though they don't really hate each other, they feel that their parents love the other more. Or, they may feel like Heaven itself is on their siblings' side, with them always getting the luck in life. Though they should ask their parents, or Heaven, "Why? I'm working hard, so wouldn't it be OK for me to get some attention," they don't. Instead they turn feelings of hatred and resentment toward their siblings who are having all the fun.
 面白いのは、愛情に差をつけたのは神さまなのに、カインは神をではなくて弟を憎んだことだ。
一般のきょうだいもそうかもしれない。もともとはきらいではないのに、親が自分よりもきょうだいのほうを愛しているように感じる。あるいは、天までもきょうだいに味方して、向こうばかりがラッキーに生きている気がする。本来なら親や天に「どうして? 私だって一生懸命なのだから、こっちを向いてくれてもいいじゃない」と抗議すべきなのに、そうしない。そして、良い思いをひとりじめしているように見えるきょうだいに、恨みや憎しみを向けてしまうのだ。

How about if people who are irritated with siblings took a moment to think? Is who you are angry at really your siblings? Perhaps there is someone else to whom you want to say, "Look at me more. Be kinder to me."
 きょうだいに腹が立つ、という人は一度、考えてみたらどうだろう。私が怒っているのは、本当にそのきょうだいに対してなのか。もしかすると、「もっと私のことも見て、やさしくして」と要求したい相手は、どこか別にいるのではないか。

In my consultation room, there was a woman who was always badmouthing her younger brother. Once, over a lengthy talk, she realized that the source of her jealousy was feelings that her brother was loved more by his spouse than she was by hers. She later told me her feelings of frustration disappeared when she resolved to try to better understand her husband.
This New Year's period, if you felt negative emotions toward a sibling, why not consider that they may have been trying to say to you, "You know, isn't there someone else to whom you want to say something?"
 診察室でいつも弟の悪口を言っていた女性は、時間をかけて話す中で、「自分の妬みの原因は、弟がその妻に大切にされているのに、自分の夫は私に無関心なことなんだ」と気づいた。そして「今年はまず自分が夫を理解しよう」と心を決めたら、イライラの気持ちも消えていった、と話してくれた。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2013年01月15日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:新しいプライド /東京 | トップページ | 春闘スタート 景気回復へ問われる労使協調 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:新しいプライド /東京 | トップページ | 春闘スタート 景気回復へ問われる労使協調 »