« アジアの国境―繁栄わかちあう知恵を | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:高齢者も若者も大変 /東京 »

2013年1月 8日 (火)

香山リカのココロの万華鏡:簡単ではない“人間支援” /東京

December 30, 2012(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Is 'just being alive' good enough?
香山リカのココロの万華鏡:簡単ではない“人間支援” /東京

I recently read a very interesting book called "Okan no Hirugohan" (Mom's lunch). It's written by Zoonie Yamada, who has a unique profession: "instructor in written expression." A newspaper ad I saw for this book said it "expresses the confused feelings people encounter when facing their parents' old age." Being interested in the topic, I immediately purchased the book.
 とてもおもしろい本を読んだ。文章表現インストラクターというユニークな活動を続ける山田ズーニーさんの「おかんの昼ごはん」。親の老いに直面したときの戸惑いを記した本、といった新聞広告を見たので、その問題に切実に関心のある私はすぐに買った。

While the book provided realistic information on how to deal with aging parents, it actually devoted more attention to the task of choosing a job. Although this wasn't what I had expected, I found it interesting anyway.
 老いた親とどう向き合うかというパートもとてもリアルだったのだが、それよりもこの本は「仕事をどう選び、どう決めるか」という問題に多くが割かれていた。当初の期待とは違ったのだが、それがおもしろかったのだ。

I was surprised when I saw my name in the book. According to Ms. Yamada, after the Great East Japan Earthquake she had been impressed by my words "Just being alive is good enough!"
 読んでいて、自分の名前が出てきてギョッとした。教育分野で仕事をしてきたズーニーさんは、大震災のときにこう思ったというのだ。「『生きてるだけでいいんです!』という精神科医の香山リカさんの言葉が、どんなにかっこよく感じたか」。

Since I'm a doctor and curing the sick and saving lives is the ultimate goal for us doctors, I can confidently say to people, "If you're alive, you're OK!" However, as an educator, Ms. Yamada's job is to make things better and help people move forward. In this respect she said she felt helpless after the earthquake disaster.
つまり、「医療」の現場にいる私は、「病気を治し、命を救う」ということをゴールとしているから「生きていればオッケー!」と力強く言えるが、教育の場にいるズーニーさんは、「命はある」という前提で、そこから「より良く」「さらに先に」と導かなければならない、だから大震災のときには自分の無力さを感じた、というのだ。

In fact, "just being alive is good enough" is the title of a book that features this "Kaleidoscope of the Heart" series, and the book happened to be published right after the earthquake. Although I do tell my patients, "The mere fact that you're alive and could make it to the clinic today is wonderful," and I say this because I believe it, reading Ms. Yamada's book made me question myself. Maybe this way of thinking is unique to doctors.
 実は、「生きてるだけでいいんです」は、この連載をまとめた本のタイトルだ。それがたまたま大震災の直後に出版されたのだ。たしかに私は震災とは関係なく、日ごろから診察室で「生きていて今日も診察日にここに来れた。それだけでもすばらしいじゃない」などと言っていた。それは私が個人的に本当にそう思っているからだと信じていたのだが、ズーニーさんの指摘を読みながら「やっぱりこれは“医者ならでは”の発想なのか」と考え直した。

Nevertheless, I understand that the human psyche is not so simple as to think just being alive is good enough. What truly helps patients in my clinic is thinking that they've helped somebody else or they can do things they couldn't do before -- which could be regarded as "making things better" and "moving forward." Unless you're a monk who has attained enlightenment, it's difficult to be satisfied with yourself just being alive.
 とはいえ、人はなかなか「生きてるだけでオッケー」などとは思えない存在、ということもよくわかる。診察室でも本当にその人を救うのは、「誰かの役に立った」「以前、できなかったことができるようになった」といった「より良く」「さらに先に」だからだ。悟りを開いた修行者でもなければ、「何もしなくても自分に満点」などとは思えないだろう。

Accepting people as the way they are is just the first step. We then need to push them a little further and help them blossom and live up to their potential. The best approach is to have medical, welfare and education teams work together in the name of "human support," but I know that this is no easy task.
 まず「あなたはそのままでいい」とその人の存在そのものを認め、それから「でも、もう一歩、先に行けるよね」と背中を押し、自分の中にある力を花開かせる手伝いをする。医療、福祉、教育が一体となった“人間支援”ができるようになるのがいちばんだが、それはもちろん言うほど簡単ではない。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2012年12月25日 地方版

|

« アジアの国境―繁栄わかちあう知恵を | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:高齢者も若者も大変 /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジアの国境―繁栄わかちあう知恵を | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:高齢者も若者も大変 /東京 »