« 中国大気汚染―改善は日中の利益だ | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:怒りの対象は他にいる? /東京 »

2013年1月31日 (木)

香山リカのココロの万華鏡:新しいプライド /東京

January 27, 2013(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: A new source of pride
香山リカのココロの万華鏡:新しいプライド /東京

I recently read a popular book about the janitors of a certain company on bullet trains. It describes their work as they perfectly prepare the train's interior during what might be a seven-minute stop. What is impressive is not only the janitors' work, but also how the staff line up before and after their work to bow, and how they stop to help passengers in need.
 話題の本、「新幹線お掃除の天使たち」を読んだ。停車中の7分間で新幹線の車内清掃を完璧に仕上げる会社の現場リポートだ。この会社のすごさは、清掃の速さや仕上がりの丁寧さだけではない。清掃の前後にはスタッフたちは一列に並んで深々とお辞儀、ホームで困っている乗客がいれば進んで手を貸す。

With their undying smiles and even the middle- to senior-aged employees wearing hats with accessories like seasonal flowers, they look fashionable and seem to be enjoying their jobs. People who see them even once are impressed and surprised. I, too, had long wondered, "Why can these people work with such energy?"
 笑顔を絶やさず、ミドルからシニアの清掃員たちも制帽に季節の花のアクセサリーをつけるなど、とてもおしゃれで楽しそう。一度でも仕事ぶりを見た人たちは、「すごい!」「どんな会社なの?」と驚き、気になるに違いない。実は私も長いあいだ、「どうしてこんなにイキイキと働けるんだろう」と不思議に思っていたのだ。

After reading the book, I now understand the secret somewhat. The managers respect the workers' opinions, and put their suggestions into practice. But more than anything, those in charge gather good things about the employees into a newsletter called the "Angel Report." Over 70 percent of the company's employees can be complimented in the newsletter.
 今回、このリポートを読んで、その秘密が少しわかった。経営者は現場の声を何より大切にする「全員経営」を目指し、スタッフからの提案、アイデアをすぐに実行する。何よりすごいのは、現場の主任がスタッフの“よいところ”を見つけ、それを「エンジェル・リポート」という壁新聞のスタイルにまとめ、張り出すことにしているのだ。全スタッフの7割以上がこの「エンジェル・リポート」の対象となって、誰かに自分の良さを見つけられ、ほめられている計算になるそうだ。

The book introduces some personal stories from this Angel Report. One woman who began working after passing 60 years of age liked the job but was somewhat embarrassed to be a janitor. However, after being thanked by a passenger she helped and hearing comments from her sister-in-law about how impressive the bullet train cleaners were, she says she started to feel she had gained "a new sense of pride" from the job.
 本には、エンジェル・リポートに基づいたスタッフたちの体験談が紹介されている。60歳をすぎてから働き出した女性は、仕事はすぐ好きになったが「お掃除のおばさん」をしていることをちょっと恥じていた。しかし、荷物運びを手伝った乗客から「ありがとう」と言われたり、偶然、自分が清掃した車両に乗っていた義妹から「新幹線のお掃除はすばらしい、ってニュースでも見た。すごいじゃない」と言われたりしているうちに、こう思うようになる。「私はこの会社に入るとき、プライドを捨てました。でも、この会社に入って、新しいプライドを得たんです」

I think "a new sense of pride" is a nice phrase. It is something you cannot get from money, status, or compliments in society. It is gotten from those around us noticing our efforts, or thinking ourselves that what we are doing is fun and worthwhile. It lets us feel confidence in ourselves.
Even not being employed by such a company, I think that we can get this "new pride" ourselves. It's OK if we mess up or lose heart. We can go on, for ourselves and those around us.
 新しいプライド。いい言葉だ。それはお金や地位、世間からの称賛で得られるものではない。まわりの人たちに「おっ、今日もがんばってるね」と認められ、自分でも「けっこう楽しいな。やってよかった」とうれしくなる。それだけで十分、「そう、これでいいんだ」と自分に自信と誇りを感じることができるものなのだ。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2013年01月22日 地方版

|

« 中国大気汚染―改善は日中の利益だ | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:怒りの対象は他にいる? /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国大気汚染―改善は日中の利益だ | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:怒りの対象は他にいる? /東京 »