« ドイツ「脱原発」 再生エネ普及に高いハードル | トップページ | オウム断定敗訴 公安警察の暴走に強い警告 »

2013年1月17日 (木)

787トラブル 「夢の翼」も安全であってこそ

The Yomiuri Shimbun (Jan. 17, 2013)
Safety must come first for Boeing 787 operators
787トラブル 「夢の翼」も安全であってこそ(1月16日付・読売社説)

Japanese and U.S. aviation authorities have launched investigations into a recent series of glitches, including fuel leaks, with Boeing Co.'s latest midsize aircraft, the 787.
 米ボーイング社の最新鋭中型機「787」で燃料漏れなどのトラブルが相次ぎ、日米の航空当局が調査に乗り出した。

Are there fears these small problems could lead to a serious accident? Safety must be the top priority. Authorities in both countries must conduct exhaustive investigations to determine the cause of the faults.
 小さなトラブルが重大事故につながる恐れはないか。最優先しなければならないのは安全である。日米当局には、徹底した原因解明を求めたい。

Made of lightweight carbon fiber, the 787 passenger plane's light body makes it more fuel-efficient. It has been dubbed "Dreamliner."
 787は炭素素材を使って機体を軽量化し、燃費を大幅に改善した省エネ旅客機だ。「ドリームライナー」と呼ばれる。

The 787 is widely expected to contribute significantly to improving airlines' earnings because it can fly long-distance routes at a lower cost. The U.S. aircraft maker has received orders for 800 Dreamliners from around the world. In autumn 2011, All Nippon Airways became the first airline to introduce the 787 into commercial service.
 低コストで長距離の路線に投入できるため、航空会社の収益拡大に貢献するとの期待が高い。世界中から800機の発注があり、2011年秋、世界に先駆けて全日本空輸が運航を開始した。

ANA has 17 of the aircraft in its fleet and Japan Airlines has seven, accounting for almost half of about 50 787s in service worldwide.
 現在、運航されている約50機のうち、主力機と位置づける全日空が17機、日本航空が7機と両社でほぼ半分を保有している。

===

'Dreamliner' trouble-ridden

The recent spate of problems started Jan. 7, when a small fire started in the battery pack of an auxiliary power unit of a JAL 787 parked on the tarmac at Boston's Logan International Airport.
 米ボストンの国際空港で7日、駐機中の日航機の補助動力用バッテリーから出火したトラブルで、問題が表面化した。

The following day, a fuel leak was found in the main wing of another JAL 787 as it taxied toward takeoff at the same airport.
These incidents were followed by problems with Dreamliners operated domestically by ANA, including an oil leak and a cracked cockpit window.
 8日には、この空港を走行していた別の日航機の主翼から燃料漏れが見つかり、その後、国内でも全日空機でオイル漏れや操縦席の窓のひび割れなどが発生した。

Aren't six incidents involving the 787 just this month alone too many?
 今月だけでトラブル6件は多すぎるのではないか。

Last year, a United Airlines 787 made an emergency landing due to a fault with its electronic system, and Qatar Airways also reported problems with the same model.
昨年には、米ユナイテッド航空機が電子系統の故障で緊急着陸し、カタール航空機の不具合も報告されている。

The U.S. Federal Aviation Authority announced it will conduct a comprehensive investigation into the 787's safety in terms of its design and manufacturing process. FAA Administrator Michael Huerta said his agency wanted the review "to find out why safety-related incidents were occurring."
 米連邦航空局(FAA)は、787の設計や製造工程など安全性に関する包括的な調査を行うと発表した。FAAのフエルタ長官は「何が起きているのか把握する」との見解を示した。

In Japan, the Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry has established an expert team to conduct an independent investigation.
 国土交通省も専門チームを設置し、独自の調査を始めた。

===

Many Japanese parts used

Newly introduced passenger planes, and not just the 787, are said to often be afflicted by small troubles. But we think both the Japanese and U.S. authorities were correct to take a serious view of the spate of incidents involving the Dreamliner.
 787に限らず、新型機は就航後、細かな不具合が生じるとされるが、日米当局が事態を重視したのは妥当な判断と言えよう。

The 787 was trouble-ridden from its development stage. The first 787 was delivered to ANA more than three years behind schedule.
 787は開発段階からトラブル続きだった。全日空への1号機納入も予定より3年以上遅れた。

Boeing has trumpeted the reliability of its 787, but it will be necessary to pinpoint whether cutting-edge technologies on the high-tech aircraft are connected to the spate of problems.
 ボーイングは787の信頼性を強調するが、新技術を満載したハイテク機であることが今回の不具合と関係しているかどうかを究明する必要がある。

Carbon fiber and many parts used for manufacturing the 787's main wing, fuselage and tires are made in Japan. We hope Japanese makers of these components and the authorities concerned will work together to resolve the problems as early as possible.
 炭素繊維、主翼や胴体、タイヤなど787に使われている部品の多くが日本製だ。製造に関わった日本企業と当局が連携し、問題を早期に解決してもらいたい。

Some observers say the ongoing investigation is very unlikely to lead to a revision of the plane's design, but we urge airlines operating Dreamliners to regularly check these aircraft.
 今回の調査は設計の見直しなどに発展する可能性は低いとする観測があるものの、787を運航する航空会社には不断のチェックを求めたい。

(From The Yomiuri Shimbun, Jan. 16, 2013)
(2013年1月16日00時16分  読売新聞)

|

« ドイツ「脱原発」 再生エネ普及に高いハードル | トップページ | オウム断定敗訴 公安警察の暴走に強い警告 »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツ「脱原発」 再生エネ普及に高いハードル | トップページ | オウム断定敗訴 公安警察の暴走に強い警告 »