« 香山リカのココロの万華鏡:簡単ではない“人間支援” /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:12月が身にしみる /東京 »

2013年1月 8日 (火)

香山リカのココロの万華鏡:高齢者も若者も大変 /東京

December 23, 2012(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Feeling too helpless to help
香山リカのココロの万華鏡:高齢者も若者も大変 /東京

Now that the House of Representatives election is over, I suspect many people are wondering about how the result will affect our lives.
 選挙が終わり、「さて私たちの暮らしはどうなる」と気になっている人も多いのではないか。

In the election campaign, some candidates pledged to work for a society in which the elderly don't have to worry about their lives. On the other hand, there were candidates who emphasized policies for the younger generation. It seemed as if the candidates were making us voters decide which side we should take -- the elderly or the young. However, it is clear, at least in my clinic, that both of them are having difficult times in today's society.
 選挙戦では「高齢者が安心して暮らせる社会を」と言う候補者もいれば、「若い人にツケを回してはいけない」と主張する候補者もいて、なんだか高齢者と若者、どちらに肩入れするかを選ばせようとしているようにも見えた。実際には「高齢者も若者もどちらもたいへん」ということなのだが。

In fact, the "difficult times" both generations are facing is an urgent matter that needs addressing. A patient of mine talks to me about a hospital possibly kicking her parent out but the person doesn't know where else to go. Another younger patient who quit his job because of depression from stress after working at a "sweatshop" now can't find work or get welfare. Both of them need help "today," they have no time for thinking about what the future will bring for Japan.
 しかも、この「たいへんさ」がもう目の前に迫っているところも、実は高齢者も若者も同じだ。診察室にいると「高齢の親が入院中だが、病院からすぐ転院させて、と言われ行き場所がない」といった“介護難民”の家族からも、「ブラック企業でうつ病になり、退職したら再就職先もなく、生活保護も断られた」という“就職難民”というより“生活難民”の若者からも相談が寄せられる。いずれも「今日、なんとかしないと」と切羽詰まった話ばかり。「さて、この国の未来はどうなる」などと悠長なことなど言っていられない。

I feel like I'm slowly losing my sense of humanity when I have to suggest to my patients to go talk to the local government office as I escort them out of my clinic while they cry out of misery because they have no place to go from here. I do want to tell them that I will take care of them, but in reality, I'm not capable of supporting them in any way. I can't help but feel powerless, though I know such a feeling won't help my patients. I have to move on or give up sometimes in order to focus on the next task.
 「この部屋を出たら次に行くところがない」と診察室で泣き崩れる人に「まずは役所に相談に行ってみて」などと退室を促しながら、なんだか自分がどんどん人間性を失っていくような気になる。「私がなんとかしてあげる」と言いたいのだが、自分にはその度量も能力も心のゆとりもない。「なんのために精神科医をやっているのか」と自己嫌悪に陥るのは患者さんたちのためにもよくないとわかっていても、どうにもならない。かといってそこで立ち止まっては次の仕事にさしつかえるので、「これ以上、考えても仕方ない」とどこかで考えをストップせざるをえない。

As a psychiatrist, I meet people facing difficult times. I want to help them but I know I sometimes can't. Feeling powerless, I pretend like I don't see them.
 困難に直面している人に出会う。「なんとかしてあげたい」と思うが、自分にはどうにもできない。無力感にさいなまれ、結局は「見なかったことにしよう」と切り捨ててしまう。

I am probably not the only one who is feeling this way -- a feeling of helplessness and self-hatred as the situation slowly breaks one's heart.
 こんなことを繰り返しているのは、私だけではないはずだ。そして、そんな繰り返しの中で心がどんどんすり減るのを感じているのも、私に限ったことではないだろう。

The kanji (Chinese character) "kin" -- meaning gold -- was chosen as this year's best kanji that represented national traits for 2012, but I can't find anything shiny as gold in my heart. I truly wish for the next year to be as bright as a gold medal, and wonder if those elected candidates know anything about my hopes, or anybody's for that matter, for the next year.
 今年の漢字は「金」だそうだが、自分の心にはそんな輝きはどこにも見つからない。来年こそは「私の心にも金メダル!」と堂々と胸を張れる年になってほしいと心から願うが、今回、選挙で選ばれた人たちにはこの思いがどれだけ伝わっているだろうか。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2012年12月18日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:簡単ではない“人間支援” /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:12月が身にしみる /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:簡単ではない“人間支援” /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:12月が身にしみる /東京 »