« 生活保護削減―歯止めはどこなのか | トップページ | 中国の海洋戦略 「強国化」は地域の安定損ねる »

2013年2月 4日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:90代の詩人の励まし /東京

February 03, 2013(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Encouragement from an elderly poet
香山リカのココロの万華鏡:90代の詩人の励まし /東京

Poet Toyo Shibata has died at the age of 101. The late-bloomer began writing poetry in her 90s, grabbing attention after sending her writings to a newspaper. Shibata's first published poetry collection sold over 1.5 million copies.
 101歳の詩人、柴田トヨさんが亡くなった。90代になってから詩を作り始め、新聞に投稿。それが話題となり、第一詩集「くじけないで」は150万部を超えるミリオンセラーとなった。

In one of her poems, she writes: "I had hard times, but I'm glad I have lived." It is easy to try to encourage young people by telling them that good things will come to them in their lives, but it is more meaningful coming from Toyo, who was in her 90s when she penned the words.
 詩集の表題作となった「くじけないで」には、こんなフレーズがある。「私 辛(つら)いことが/あったけれど/生きていてよかった」。「生きていればいいことがあるよ」と若い人を励ますのは簡単だが、90代のトヨさんが言うのだから説得力が違う。

Furthermore, when Toyo wrote that poem, her collection had not been released yet, and she was not a best-selling author. She had been living alone as a widow for many years, and though she had appeared on television a few times, her home was not huge or new, just a small, cozy dwelling.
 しかも、トヨさんがこの詩を書いたときはまだ詩集も出ていなかったはずだから、ベストセラー作家でもない。それどころか、トヨさんは夫を亡くしてから長いあいだ、ひとり暮らしをしてきた。テレビなどで何度か紹介されたが、豪華な邸宅でも新しいマンションでもなくこぢんまりした一軒家だった。

So why did Toyo then think it was good she had lived? Reading her poetry, one can see why -- she lived while gaining encouragement from the sunlight, the wind, and reliving memories of her youth.
 では、その頃のトヨさんは、どうして「生きていてよかった」と思えたのだろう。トヨさんの詩を読んでいると、ひとりでいるときにも日ざしや風を感じたり、若い頃のことを繰り返し思い出したりして、そこに喜びや自分への励ましを感じながら暮らしていることがよくわかる。

We tend to not feel value in our lives unless we are complimented, given raises and promotions. Immersing ourselves in memories is also sometimes criticized as clinging to the past. We think that if we are not being active and receiving praise now, we are living lonely and empty lives.
 私たちはともすれば、誰かにはっきりと「すごいね」とほめられたり、収入や昇進などで評価されたりしなければ、生きている意味がないと思いがちだ。昔の思い出に浸ることも、「すぎたことにしがみつくな」と否定されることもある。いま活躍していたり、もてはやされたりしなければ、それは寂しくむなしい生活だと思ってしまうのだ。

However, that is not true. We can talk about the kind moonlight, a seasonal flower, the rain and the snow, and have our hearts set alight. We can receive encouragement from the memories of those who we interacted with. If we can do that, even if we are alone now, or if our lives are far from ideal, we should be able to say we are glad we lived.
 しかし、本当はそうではないはずだ。やさしい月の光、季節の花、雨や雪にも心をときめかせ、それらと対話できる。誰が見ていてくれなくても、過去の思い出やその時代にかかわりがあった人たちが、時間の中から「がんばってるね」「ちゃんと見ているよ」とささやいてくれる声を聞いたっていいはずだ。それができれば、いくらいまはひとり暮らしでも、自分の理想とは異なる生活だったとしても、「生きていてよかった」と思えるのではないだろうか。

In my consultation office, there was a patient who said, "I'm alone, so I do not laugh or talk." I think if that person comes again, I will talk to them about Toyo and say, "If you are alone, it's OK to laugh out loud and talk to someone, even if you can't see them."
 診察室で「ひとりなので、笑うことも話すこともない」とつぶやいた人がいた。今度、その人が来たらトヨさんの話をして、「ひとりでも、声に出して笑ったり目に見えない何かと話したりしていいんですよ」と言ってみることにしよう。「それってオカルトですか」などと言われないことを祈りつつ。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2013年01月29日 地方版

|

« 生活保護削減―歯止めはどこなのか | トップページ | 中国の海洋戦略 「強国化」は地域の安定損ねる »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生活保護削減―歯止めはどこなのか | トップページ | 中国の海洋戦略 「強国化」は地域の安定損ねる »