« 「普天間」申請 移設実現へ最大の努力尽くせ | トップページ | 福島原発停電 管理体制を強化して再発防げ »

2013年3月24日 (日)

香山リカのココロの万華鏡:明るい話題の陰で /東京

March 17, 2013(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Hiding sorrow beneath bright news
香山リカのココロの万華鏡:明るい話題の陰で /東京

Whenever the media reports some good news such as "Stock prices exceed pre-Lehman Shock level," I can't help but wonder, "How many people actually are happy about that news?"
 「株価がリーマン・ショック前を超えた」といった明るい話題が報じられるたびに、「これを見て喜べる人とそうでない人との割合は、どれくらいなのだろうか」と考えてしまう。

If a person is facing serious difficulties in their life, such as an illness or family problems, that person can't be happy about good news the world has to offer. I see many people like that coming to my clinic.
 自分の体調が悪いとか家庭に悩みごとがあるなど、個人的に深刻な問題を抱えていれば、いくら社会で明るい話題が出たとしても、とても喜ぶことはできないだろう。診察室にはそういう人たちが大勢、やって来る。

Someone undergoing a cancer examination is unlikely to become all joyful when they hear a report that Tokyo has become the front-runner among candidate cities for the Olympics. For that person, just watching TV is difficult.
 たとえば「がんの疑いがあります」と言われて検査を進めているときに、「オリンピック候補地、東京が有力か」などというニュースを見たとしても、「いいぞ!」と心をときめかせたりはできないと思う。そういう人はテレビを見るのもつらい。

Such being the case, I wonder how those who have been devastated by the March 11, 2011 earthquake and tsunami are feeling about such news. Having lost their families, homes and jobs, these people have to carry on their lives with a great sense of loss. Many must feel as if time had been at a standstill since the disasters.
 そうだとしたら東日本大震災の被災地の人たちはどうなのだろう、と気になる。家族や住まい、職場を失って大きな喪失感を抱えたままの人が大勢、生活を営んでいる。「時間が止まったまま」という人も少なくないはずだ。

Despite this, good news, such as the "economy is recovering" and "a new shopping place is opening in Tokyo," is circulated also in disaster-stricken areas. Some people in disaster areas might feel isolated from the rest of Japan when they hear such news, thinking the world is moving forward while leaving them behind.
 しかし、当然のことながら、被災地でもテレビをつければ「景気が回復してます」「東京で新しい施設がオープン」といった明るい話題も流れてくる。それを見ながら「世の中は私とは関係ないところで、前へ前へと進んでいるんだ」と孤立感を強めている人はいないだろうか。

Of course, people in those areas are not saying that they want all of Japan to feel sorrow and remain depressed forever. In fact, many of them get a boost from hearing other people's success stories and news that companies are doing well.
 もちろん、被災地の人たちも日本中の人がいつまでも悲しみ、暗い顔をしていてほしい、と思っているわけではないだろう。たとえ自分とは関係ない話ではあっても、がんばっている人の姿や業績をあげた企業の姿を見て励まされ、自分を奮い立たせている被災者も大勢いる。

However, we should never forget that even when somebody is happy about something or having fun with their friends, there are also people who feel deep sorrow or are suffering. I'm not saying that a person shouldn't have fun, but that a person must be always prepared to comfort others who are troubled. Needless to say, nobody should tell anyone to "smile and move on because everyone else has."
 ただ、私たちはどんなときも忘れてはいけない。自分やまわりが楽しかったりハッピーだったりするときにも、どこかで悲しみに暮れたり重い悩みで苦しんだりしている人がいる、ということを。

Whether a person can be thoughtful about others when they are happy shows the true value of that person. The same thing can be said to today's Japan.
 楽しむな、というわけではないが、悲しんでいる人に寄り添う準備はいつもしておくべきだ。「社会は前に進んでいるんだから、あなたも早く笑顔になって追いついて」などと強制してはいけないことは、言うまでもない。

While the economy is showing some positive signs, it is time for the country as a whole to have compassion for people who are still suffering from the disaster.
 自分がうれしいとき、楽しいときこそ、そうでない人たちにも心配りができるか、その人の真価が問われる。経済に明るい兆しが見えてきた日本も同じ、今こそ被災地の人たちの深い悲しみに心を寄せたい。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2013年03月12日 地方版

|

« 「普天間」申請 移設実現へ最大の努力尽くせ | トップページ | 福島原発停電 管理体制を強化して再発防げ »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「普天間」申請 移設実現へ最大の努力尽くせ | トップページ | 福島原発停電 管理体制を強化して再発防げ »