« 被曝健康評価 不安を和らげる対策が重要だ | トップページ | 憲法96条 改正要件緩和が政治を変える »

2013年3月 5日 (火)

カードローンは臨機応変に賢く利用するのが良いようです

金欠病とは言い得て妙な表現なのですが、この時期にはえてして不測の事態で、突然まとまったお金が必要になることが多いですね。例えば家族の突然の病気や入院と入った事態が想定できます。
さあ大変だ。お金が無い。どうしようか。

取りあえずカードローンで借入(かりいれ)をして、しのぐのが手っ取り早い手段です。
カードローンはいくつかの注意点を確認してから、臨機応変に積極的に賢く利用するのが、その後の人生を立て直す切っ掛けともなります。(私の体験です)

では、カードローンを利用するときの注意点を述べます。

1) 貸金業に登録されている会社かどうか確認する(大手の場合には不要です)
2) 貸付金利が法定金利の内側にあるかどうか確認する (年利15%以内だと安心です)
3) 返済期間と返済計画の確認 (出来るだけ早急に返済するのがコツです)

リンクのサイトに、カードローンの有益な利用情報があります。
これは役に立つ!

|

« 被曝健康評価 不安を和らげる対策が重要だ | トップページ | 憲法96条 改正要件緩和が政治を変える »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被曝健康評価 不安を和らげる対策が重要だ | トップページ | 憲法96条 改正要件緩和が政治を変える »