« 香山リカのココロの万華鏡:トラウマに効く言葉 /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:広がる「嗜癖」の範囲 /東京 »

2013年3月12日 (火)

香山リカのココロの万華鏡:子どもの心に向き合って /東京

February 24, 2013(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Caring about children's feelings
香山リカのココロの万華鏡:子どもの心に向き合って /東京

A very sad event occurred when a fifth-grade elementary school student in Osaka Prefecture killed himself.
 本当に悲しい事件が起きてしまった。大阪府で小学校5年の男子児童が自ら命を絶ったのだ。

The student's school was to be merged with two others from this April, and the student is reported to have been protesting this for some time, writing in a composition, "Don't destroy our school."
この男児が通う小学校は、市内の学校の統廃合により、この4月に二つの学校に統合されることが決まっていたという。男児は以前から閉校に抵抗を示し、作文に「学校をつぶさないで」などと書いていたと報じられた。

Children up until around that boy's age are able to "merge" themselves with buildings, clouds, the sky, plants, animals and other things, sharing their hearts with these things. Of course, that is in the imagination of a child, but there are probably many people who have had experiences such as when they see a tree being cut down they feel, "That tree is in pain and crying!" and, sensing that pain, they cry themselves.
 ちょうどこの年齢くらいまでの子どもは、建物や雲、空、植物、動物などと自分とをすぐに“合体”させたり、心を通わせ合ったりすることができる。もちろんそれは子ども自身の空想なのだが、木が伐採されている場面を見て「あの木が痛がって泣いている!」とリアルに感じ、自分も泣いてしまった、などという経験を持つ人は少なくないのではないだろうか。

Of course, I do not know if the boy who committed suicide was opposed to the closing of the school because he felt the sadness and pain of the school building and the classrooms. It's said that he surveyed other students about the school closure, so it is highly likely he was more mentally mature than other children his age. It may be that, while opposing the school closure in an adult-like manner, he also "merged and felt the pain" of the school in that unique child way. If so, the ending of the school must have been particularly hard on him.
 もちろん、この男児がそんな感覚を持っていて、校舎や教室の悲しみや痛みを感じて閉校に反対していたのかどうかはわからない。ほかの児童に統廃合に関しての聞き取り調査を行っていたともいわれるから、精神的には同じ年齢の子どもよりも成熟していた可能性も高い。もしかすると、一方でおとなに近い感覚で閉校に反対しつつ、同時に「学校と一体化して、その痛みを感じる」という子どもならではの感覚もあわせて持っていたのではないだろうか。だとしたら、よけいに「学校がなくなる」というのはこの男児にとって耐えがたいことだったはずだ。

I have experienced the closing of my elementary and junior-high schools. In both cases I was already an adult, but when I heard about the closing ceremonies and how people had bid the schools farewell, it was as if I felt a sharp pain in my heart. I felt like my own precious memories or even my childhood had disappeared.
 実は、私も出身の小学校、中学の閉校を経験している。いずれも十分、おとなになってからのことだったが、それでもなつかしい学校に「ありがとう、さようなら」と伝えたという閉校式の様子を聴いて、心がキリキリと痛むようであった。自分自身の大切な思い出や子ども時代までが、どこかに消えていく思いがしたのだ。

For a child currently attending a school, even if they heard an objective reason for it, they probably could not immediately accept the closure of their school. The sensitive boy in Osaka Prefecture loved his school so much that he felt a merging with it. Why did his kindness have to lead to this tragedy? Are the adults at his school successfully dealing with students' feelings?
 ましていまそこに通っていた子どもにとっては、閉校は「児童数が減少したから」と客観的に説明されても、すぐには受け入れられることではないだろう。自分の通っていた小学校を、それと一体化するほどに愛していた感受性の強い男の子。彼のやさしさが、どうしてこんな悲劇につながらなければならなかったのか。教育の現場で、おとなたちはしっかり「子どもの心」に向き合えているのか。

Lately bullying and physical punishment at schools are under the public spotlight, but in addition to that, perhaps it is time that we seriously think again about what really is a "child," who is neither an adult nor a baby.
いじめや体罰の問題に注目が集まっているが、おとなでもない、赤ちゃんでもない、「子ども」とは何かということについて、もう一度、私たちは真剣に考えてみなければならない時を迎えているのではないか。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2013年02月19日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:トラウマに効く言葉 /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:広がる「嗜癖」の範囲 /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:トラウマに効く言葉 /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:広がる「嗜癖」の範囲 /東京 »