« 香山リカのココロの万華鏡:「待ち疲れ」ならぬように /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:歯を食いしばらない /東京 »

2013年5月14日 (火)

香山リカのココロの万華鏡:「心」置き去りにしないで /東京

May 05, 2013(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Don't neglect psychological care
香山リカのココロの万華鏡:「心」置き去りにしないで /東京

From April 1, a new fetal test began in Japan, allowing detection of chromosomal defects in unborn babies through analysis of the mother's blood.
 4月1日から、新型の出生前診断が日本でも始まった。妊娠している女性の血液で、胎児に染色体異常があるかどうかがわかるという検査だ。

Currently, the test is only being carried out on women who will be 35 or older at the time their baby is born, and when ultrasound tests or other methods have already given cause for suspicion that the fetus has chromosomal defects. The tests are only being carried out at medical facilities approved by relevant academic societies. However, in the future the test will probably be more commonplace.
 現在のところ、検査の対象は「出産時に35歳以上で、超音波検査などで胎児に染色体異常が疑われる妊婦」とされており、学会が指定した医療機関でのみ行われることになっているが、将来的には、より一般的な検査になるのではないか。

Compared to tests using amniotic fluid, the new test is much easier on the mother's body. However, because of the reduced burden, more women will take the test, and there will be more cases of potential parents agonizing over whether or not to continue with a pregnancy. If couples are merely handed a paper with test results that show a chromosomal defect and told, "Here, you figure out the rest," then they will surely be at a loss over what to do.
 これまでの羊水検査に比べ、体にかかる負担は著しく小さい。しかし、手軽にできるということは、それだけ多くの女性が受け、「出産か、それとも……」と悩むケースも増えるということにもつながる。その場合、検査結果が記された紙を1枚渡されて「はい、あとは自分で判断して」と言われても、夫婦はどう判断すべきか途方に暮れるだけだろう。

It is at this point that gene counselors get involved. Knowledgeable about gene medicine and given recognition by academic societies, the main job of these counselors is to provide information, from explanations about chromosomal defects to social service help the parents can receive. They give the couple the information they need to make their decision on whether or not to continue the pregnancy, and of course, do not force them on their decision.
 そんな時に判断する手助けをするのが、遺伝カウンセラーだ。遺伝医学の知識を持ち、学会が認定したカウンセラーの第一の仕事は情報提供。対象となる疾患の詳しい情報から、誕生後に受けられる社会サービスまで、多くの情報をその夫婦に提供する。そして、彼らが正しい知識のもとで出産するかしないかを選択できるよう慎重に見守る。もちろん、決めるのはその夫婦であり、カウンセラーが「こうしなさい」と指示を出すことはない。

Some people may wonder, shouldn't a "counselor" be offering psychological support? Apparently, the psychological support of the gene counselors is limited to what they give while providing the information, and it ends, at least officially, as soon as the couple makes their decision about the pregnancy.
 「え? カウンセラーというからには『心の支援』じゃないの」と思う人もいるかもしれないが、心理的な支援は、遺伝カウンセリングではあくまで情報提供とともに行われるもののようだ。また、その仕事は検査で異常があった場合、妊娠を継続するかどうかの意思決定までで、その後の「心のケア」は、正確には含まれない。

However, there are surely still problems a couple faces after making that decision. If they gave up on the baby, they may be emotionally scarred, and suffer from repeated bouts of regret. If they continued with the pregnancy, however, they will surely continue to feel anxiety and uncertainty about whether what they are doing is right. In particular, the mother would face a major crisis, and yet I suspect there is very little psychological care after the chromosomal defect test is over.
 しかし、問題は「こうしよう」と決めた後にもあるはずだ。妊娠の継続を断念した場合に夫婦の心は傷つき、繰り返し後悔が押し寄せるかもしれない。出産を決意した後も不安が湧き上がってきたり、「これでいいのか」と心が揺らいだりするだろう。特に女性の心は大きな危機に見舞われると思うが、出生前診断のアフターケアは、まだほとんど手つかずと言ってもよい。

So far there are only around 300 people in Japan who can truly provide gene counseling. As more of these counselors are trained, we also need to produce psychological counselors who can provide care after a couple makes their decision about a pregnancy. New medical technologies always bring new psychological problems, and I don't want technology alone to run unchecked.
 そもそも遺伝カウンセリング自体、日本で本格的にできるのはわずか300人と言われる。これからその育成と同時に、アフターケアができる心理カウンセラーも育てる必要がある。新しい医療技術とともに必ず新しい心の問題が生まれる。それを置き去りにして、技術だけがひとり歩きしないようにしたい。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2013年04月30日 地方版
〔都内版〕

|

« 香山リカのココロの万華鏡:「待ち疲れ」ならぬように /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:歯を食いしばらない /東京 »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:「待ち疲れ」ならぬように /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:歯を食いしばらない /東京 »