« 知財ビジョン 国際競争に勝つための体制に | トップページ | 地方制度答申 自治体連携で活性化図りたい »

2013年6月18日 (火)

低公害トラック 天然ガス活用の幅広げたい

The Yomiuri Shimbun June 18, 2013
Govt must introduce measures to popularize use of CNG trucks
低公害トラック 天然ガス活用の幅広げたい(6月17日付・読売社説)

In promoting environmental measures, such as reducing greenhouse gas emissions, it has become a challenge to have trucks, a major means of distributing goods, emit less pollution.
 温室効果ガスの排出量削減など環境対策を進めるうえで、物流を支えるトラックの低公害化が課題となっている。

Trucks fueled by natural gas are drawing attention in this respect, as they are superior to light oil-driven diesel vehicles in environmental performance, emitting 30 percent less greenhouse gases. They also emit far less toxic particles such as nitrogen oxide and black exhaust fumes.
 今後の有望株として注目されているのが、軽油より温室効果ガス排出量が3割も少ない天然ガス車である。
 軽油が燃料のディーゼル車より環境性能に優れ、窒素酸化物や黒煙といった排ガスの有害物質も大幅に削減できる。

While Japan depends on the Middle East for as much as 90 percent of its oil imports, natural gas can be procured from many other areas. Increasing the number of natural gas-driven vehicles on the road is also desirable from the viewpoint of the nation’s energy security.
 石油は輸入量の9割を中東地域に依存しているのに対して、天然ガスの調達先は世界中に分散している。エネルギー安全保障の観点からも普及は望ましい。

Following the shale gas revolution, the global supply of natural gas is expected to increase. The price of this fuel is forecast to fall to about half the price of light oil over the middle to long term, bringing down the cost of transportation.
 シェールガス革命を受けて、世界的にガス供給量が増えていくと見られる。中長期的には、ガス燃料の価格は軽油の半値程度に下がる、との予測もある。輸送コストの削減が期待される。

As these advantages have been recognized, the number of natural gas-fueled trucks and buses are rising sharply around the world. In 2012, global sales of such vehicles reached the 17 million unit level, a threefold increase in six years.
 こうしたメリットが認識され、世界で天然ガス仕様のトラックやバスが急増している。2012年の世界販売台数は1700万台と、この6年で3倍になった。

Sales lagging in Japan

The U.S. government has been promoting the use of natural gas as transportation fuel. In countries in Europe and Asia, vehicles using compressed natural gas (CNG) are increasing in popularity.
 米国は、天然ガスを輸送用燃料に使用するよう促す政策を進めている。欧州やアジアでは、圧縮天然ガス(CNG)車が急速に普及している。

However, the number of CNG vehicles in Japan stands at around the 40,000 level. There are a number of reasons why they are not popular in this country.
 ところが、日本はわずか4万台にとどまる。普及を阻む要因が少なくないためである。

A CNG vehicle can travel only a relatively short distance even on a full tank, so CNG is not considered practical as a fuel for large trucks, which are often used for long hauls. Moreover, there are only about 300 CNG filling stations in the country.
 CNG車は満タンで走れる距離が短いことから、長距離輸送の多い大型トラックでの利用が広がらない。しかも、ガスを補給するためのスタンドは、全国に約300か所とわずかだ。

Most Japanese-affiliated truck makers selling CNG-driven vehicles in other Asian countries and elsewhere no longer produce vehicles for the Japanese market. This has resulted in a catch-22 situation: “As we cannot sell them, we won’t produce them. And as we do not produce them, they won’t become popular.”
 アジアなどでCNG車を販売している日系トラックメーカーも、大半が国内向けの生産から撤退した。「売れないから作らない、作らないから普及しない」という悪循環に陥っている。

Safety standards too tough

There is also the problem concerning high-pressure gas containers, equivalent to a fuel tank, as the safety standards are much higher than in other countries.
 燃料タンクにあたる高圧ガス容器の安全基準が、海外より厳しいという壁もある。

If these safety standards were on a par with those in Europe, the manufacturing cost of a container would be reduced significantly.
 欧州なみに基準が緩和されれば、容器の製造コストは大幅に下げられるという。

This would reduce the cost of CNG vehicles, which now are 3 million yen more than diesel trucks for medium-size vehicles and 10 million yen for large trucks.
ディーゼル車に比べて中型で1台あたり300万円、大型で1000万円ほど割高な車両価格も、ある程度は抑えられるのではないか。

To help expand the use of CNG trucks to transport goods between Tokyo and Osaka, the Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry will subsidize part of the purchase cost of vehicles and the cost of building CNG filling stations out of its fiscal 2013 budget.
 国土交通省は、東京―大阪間の長距離輸送でCNGトラックの利用拡大を図るため、車両購入費やスタンド整備費などの一部を13年度予算で補助する。

We hope the government will resolutely introduce measures to promote the use of CNG trucks, including deregulatory steps to make the expansion of CNG stations easier.
 政府は、スタンド増設を容易にする規制緩和も含め、CNGトラックの普及に向けた施策に、粘り強く取り組んでもらいたい。

(From The Yomiuri Shimbun, June 17, 2013)
(2013年6月17日01時21分  読売新聞)

|

« 知財ビジョン 国際競争に勝つための体制に | トップページ | 地方制度答申 自治体連携で活性化図りたい »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知財ビジョン 国際競争に勝つための体制に | トップページ | 地方制度答申 自治体連携で活性化図りたい »