« 香山リカのココロの万華鏡:副作用の恐怖 /東京 | トップページ | デフレ状況 「なくなりつつある」は本物か »

2013年8月20日 (火)

香山リカのココロの万華鏡:「撤回」簡単に言うけれど /東京

August 11, 2013(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Politician or private person, words can't easily be erased
香山リカのココロの万華鏡:「撤回」簡単に言うけれど /東京

A Japanese politician yet again made some controversial remarks and quickly retracted them. Every time public figures "retract" what they have said, I wonder what it means. "Retraction" is defined as an act to take back one's comments or expression of the person's intention, and the Civil Code provides for such an act. But can words be retracted once they've been spoken?
 政治家の失言がまた問題になっている。毎回、ちょっと不思議に思うのは「発言を撤回します」という言い方だ。撤回とは「発言や意思表示を取り消すこと」で、民法でも定められている行為のようだが、「言ったことが消える」などということがあるのだろうか。

Many patients come to my clinic because they have been hurt or become depressed because of something someone -- and sometimes that someone is themselves -- has said. For example, one woman started studying another language after she hit her 30s, but her mother told her it was "too late." The woman then started to question herself, thinking, "Is it really too late? When should I have started? Will I be 'too late' for everything I try in the future?" Her self-doubt grew until finally she couldn't even go to work.
 診察室には、自分や誰かがつい口にした一言がきっかけで心が傷ついたり、うつ病にまでなったりという人が多く訪れる。ある女性は30代になってから一念発起して語学の資格を取ろうと勉強していたが、母親に「今さら勉強したって遅いわよ」と言われたという。彼女はそこから「本当にもう遅いの?」「じゃ、いつだったらよかったの?」「この先も何をやってもムダ?」と自問自答を繰り返し、ついには仕事にも行けなくなってしまった。

When the woman came to see me, we decided to include her mother in counseling sessions. The mother explained she made the "too late" comment without thinking much, because her daughter never studied when she was young no matter how many times she told her to. The woman's mother said, "If my words hurt her so much, I'll take them back." The woman was, however, unconvinced, and continued to suffer from psychological pain for some time after that meeting.
 診察室に来た彼女と相談し、母親にも来てもらって話し合いの場を持つことにした。間もなく来院した母親は、「『若いころは、勉強しなさいと、いくら言ってもやらなかったのに』と、つい言ってしまった。そんなに傷ついたなら取り消す」と“撤回”した。しかし、彼女は「一度、口にしたことを消すなんて無理!」と納得せず、その後も心の傷はなかなか癒えなかった。

Of course, we can't treat ill-conceived remarks by politicians in the same way as comments between family members. But I have always felt something was off about public figures taking back what they have said, while private individuals can't undo their words so easily. I imagine how peaceful people's minds could be if they were able to take back what they'd said to their friends, colleagues and families.
 もちろん、政治家の失言と家族間の失言を同じように扱うことはできないが、私はいつも「個人のレベルでも発言の取り消しは難しいのに、なぜ公のレベルで簡単に撤回ができるのか」と、違和感を覚える。そして友人や同僚、家族といった日常のレベルでも時間を巻き戻して、「あの発言は言わなかったことにしよう」と取り消すことができたら、どんなに人の心は穏やかでいられるだろうか、などと想像してしまう。

Nevertheless, not everyone can pretend like nothing happened after a politician retracts a silly or hurtful statement. The international community has been especially critical of the recent comments of that certain Japanese political figure. If people overlook or forgive these comments made by our leaders, the reputation of Japanese society as a whole could be in danger of declining internationally.
 とはいえ、政治家の失言も撤回したからといって、すぐに誰もが「なかったこと」にしてくれるわけではない。特に、国際社会からは厳しい批判、非難の声が寄せられている。もしかすると政治家自身のみならず、国のリーダーがどんなに放言や失言をしても「まあ、あの人には実力があるのだから」と許し、見逃そうとする日本の社会そのものの評価が下がる危険性もある。

We oftentimes feel people shouldn't take careless comments too personally. However, I don't think we should let these remarks made by politicians pass so easily, even if they "retract" them. "Be soft on politicians, hard on ordinary people" is not the way a society should function.
 日常の中の「つい、うっかりな一言」には、私たちは「もう少し寛大でもいいのに。あまり傷つかなくても」と思うことも少なくない。しかし、政治家の失言に対しては「撤回したからもういいじゃないか」と、簡単に水に流してはいけないのではないか。「政治家にはやさしく、身近な人には厳しく」では、話が逆だと思うのだ。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2013年08月06日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:副作用の恐怖 /東京 | トップページ | デフレ状況 「なくなりつつある」は本物か »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:副作用の恐怖 /東京 | トップページ | デフレ状況 「なくなりつつある」は本物か »