« 加害責任―歴史から目をそらすな | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:「撤回」簡単に言うけれど /東京 »

2013年8月20日 (火)

香山リカのココロの万華鏡:副作用の恐怖 /東京

August 18, 2013(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: The fear of side effects
香山リカのココロの万華鏡:副作用の恐怖 /東京

I recently saw a horror movie titled "Side Effects." Well, it was a horror movie for this psychiatrist! The film was directed by Steven Soderbergh, who has also directed light-hearted entertaining movies such as "Ocean's Eleven."
 精神科医には、いろいろな意味で恐ろしい映画を見た。「オーシャンズ」シリーズなど娯楽作も手がけるソダーバーグ監督の新作「サイド・エフェクト」だ。

The movie plot goes like this -- a woman suffering depression goes to see a psychiatrist. The doctor prescribes a new antidepressant to the woman, of which he had signed a contract with a pharmaceutical company for preferential use. The patient starts feeling better soon after she takes the medication until one day her husband's body is discovered in her house.
 家族を愛する精神科医の前に、ちょっとミステリアスなうつ病の女性患者が現れる。精神科医は、ある新薬を優先的に使用する契約を製薬会社と交わしており、彼女にもその薬を処方する。たちまち彼女を悩ませていたうつ症状は改善するがある日、自宅から夫の刺殺体が発見される。

Police conclude that the woman stabbed her husband while sleepwalking, which was one of the drug's side effects. The doctor is publicly criticized for putting her on such dangerous medication and loses his reputation. In an attempt to clear his name after his family leaves him, the doctor starts an investigation into the case on his own.
 警察は、彼女が新薬の副作用で夢遊病のような状態になって夫を殺害した、と断定。そんな恐ろしい薬を処方した精神科医の社会的信用は地に墜(お)ちる。家族にも見放された彼は「本当に自分が出した薬の副作用による殺人か?」と、独自の調査に乗り出す……。

The story then develops into a social thriller. I won't give away details here, but I was feeling blue seeing the greed of a giant drug company and the medical society, which destroyed an ordinary psychiatrist's life.
 ここから物語は、社会派サスペンスの様相を呈し始める。その詳細は語らないが、平凡な精神科医の背後にうごめく巨大企業や学界の欲望の恐ろしさに気持ちが重くなった。

People who have watched the movie must be worried about side effects from antidepressants. My patients sometimes tell me they are scared of taking drugs I have prescribed as their terrible side effects were listed on the Internet.
一般の人たちは「うつ病の薬にはこんな副作用があるの?」と心配になるに違いない。診察室でも「この間先生に出してもらった薬。ネットで調べたら副作用がすごいみたいで飲むのが怖くなりました」という話を時々聞く。

Major side effects of antidepressants used to include dry mouth, faintness and tiredness. Meanwhile, recently developed drugs rarely cause these symptoms, but they may on occasion cause irritation and impulsive behavior. Certain sleeping pills can cause sleepwalking just like in the movie. These side effects don't happen frequently, but once they do, it's a shocking experience to patients.
 かつて、うつ病の薬の副作用といえば「口の渇き、ふらつき、だるさ」などだった。最近の薬にはそういった副作用はほとんどなくなったが、まれにイライラしたり衝動的に行動したくなったりすることがある。睡眠障害の薬で、この映画のように夢遊病が起きることも。いずれも頻度はとても低いのだが、いったん出現すると本人にとってもかなりショッキングな副作用だ。

Most people benefit from taking antidepressants without having to experience these side effects. We psychiatrists often recommend taking such medication, thinking it's such a waste not to take these drugs in fear of side effects that rarely occur. However, it's only natural for patients to resist taking such medication even if the chance of developing side effects is 1-in-10,000.
 ほとんどの人は恐ろしい副作用なしに、その薬本来の効果で症状を抑えることができる。私たち精神科医は「ほとんど可能性のない副作用を恐れて、せっかくの薬を使わないのは損」と考え、服用を勧める。しかし、患者さんにしてみれば「たとえ1万分の1の確率でも、恐ろしい副作用が出るのは絶対にイヤ」と思うのも当然だ。

I want to tell people who watch this movie that most psychiatrists work for the benefit of their patients, not for pharmaceutical companies. However, psychiatrists should ask themselves if they really provide patient-centered treatment or understand patients' fears of side effects. I myself had to rethink about psychiatric treatment in order to make patients happy.
 この映画を見る人には、「ほとんどの精神科医は、製薬会社のためにではなく患者さんのために医療を行っているんです」と言いたい。しかし、その一方で精神科医はしっかり自分の胸に聞いてみるべきだろう。「私は本当に『患者さん本位』の医療をしているか? 患者さんの副作用の恐怖を理解しているか?」。「患者さんにとって、ハッピーな心の医療」のあるべき姿をもう一度考えてみたい。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2013年08月13日 地方版

|

« 加害責任―歴史から目をそらすな | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:「撤回」簡単に言うけれど /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加害責任―歴史から目をそらすな | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:「撤回」簡単に言うけれど /東京 »