« 原発事故不起訴 東電と政府の責任は免れない | トップページ | FX投資はギャンブル性のある魅力的な投資型金融商品です »

2013年9月16日 (月)

イプシロン成功 日本の宇宙開発に新時代を

The Yomiuri Shimbun September 16, 2013
Successful Epsilon launch opens door to new leap into space for Japan
イプシロン成功 日本の宇宙開発に新時代を(9月15日付・読売社説)

This may be a quantum leap for Japan’s space exploration.
 日本の宇宙開発が、大きく飛躍するきっかけになるかもしれない。

The Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) successfully launched its new solid-fuel rocket Epsilon on Saturday from the agency’s space center in Kagoshima Prefecture. Epsilon sent a planet observation satellite into orbit as scheduled.
 宇宙航空研究開発機構が、鹿児島県から新型固体燃料ロケット「イプシロン」を打ち上げた。搭載していた惑星観測衛星は、予定の軌道に無事、投入された。

The first launch scheduled in late August was canceled because of an inspection computer glitch just before liftoff. We are pleased the rocket was successfully launched.
 先月末の最初の打ち上げは、発射直前に点検用コンピューターのトラブルで中止された。今回の成功を、ひとまずは喜びたい。

The Epsilon is the first new Japanese rocket to be launched in 12 years since the H-2A rocket lifted off in 2001. The development of the new rocket, distinctive because of its low cost and simplified launch, is aimed at lowering the threshold to space.
 イプシロンは、2001年のH2A以来12年ぶりに打ち上げられた日本の新型ロケットだ。「低コストで手軽な打ち上げ」を特徴とし、「宇宙への敷居を下げる」ことを開発の目標に掲げている。

The new rocket is expected to give Japan’s space business a significant boost as both the public and private sectors are trying to win orders from other countries to launch satellites. The successful launch of the first Epsilon is considered an important step toward that aim.
 官民挙げて世界の衛星打ち上げ受注を目指す日本の宇宙ビジネスの新たな旗手だ。今回の1号機の成功は重要な一歩と言えよう。

In the past, Japan placed priority on developing the world’s most advanced technology for rockets, rather that lowering costs, even from the development stage.
 従来の日本のロケットは、政府による開発段階から、コストよりもむしろ、世界最先端の技術の実現が優先されてきた。

For instance, engines and many other parts of the H-2A rocket were highly evaluated by other countries. But launching costs were prohibitive—as much as ¥10 billion each time. The H-2A lost a lot of business because it took years from the beginning of production to the actual liftoff.
 H2Aも、エンジンなど多くの点で、国際的に高く評価されている。その半面、1回の打ち上げ費用は100億円前後と割高だ。製造の開始から打ち上げまでに年単位の期間を要することから、商機を度々逃してきた。

Since a number of countries recently have produced satellites that are much smaller and lighter, the demand for heavy rockets like the H-2A to launch them has dwindled.
 近年、国際的に衛星の小型軽量化が進み、H2Aのような大型ロケットを必要とする衛星打ち上げの需要は縮小しつつある。

The Epsilon hopes to tap the market for launching small satellites. According to JAXA, the cost for launching the new rocket is currently ¥3.8 billion, but further efforts will be made to lower the cost to ¥3 billion. The future price tag makes the Epsilon competitive with similar rockets in other countries, the agency said.
 イプシロンは小型衛星の打ち上げ市場をにらむ。打ち上げ費用は38億円で、さらに改良を加えて、将来は30億円程度まで下げる。世界の同種ロケットに十分対抗できる価格帯になる、という。

Reliability essential

Of course, the rocket not only needs a competitive price but also a good performance to compete in the global market.
 無論、価格だけでなく、世界と競うだけの性能も欠かせない。

The Epsilon utilizes conventional rather than new technology to reduce development costs and improve technological reliability. For instance, the Epsilon uses a solid-fuel adapter rocket that was attached to the sides of the lower section of the H-2A as its first booster.
 開発コストの削減と、技術の信頼性向上を目指して、イプシロンは新規開発を減らし、既存技術を活用した。例えば1段目エンジンは、H2A下部の脇につけている固体補助ロケットを使った。

However, JAXA is also using world-beating technology in the Epsilon. The rocket is equipped with a computer that automatically carries out some of the inspections to detect mechanical abnormalities. It also can be controlled by only two personal computers. These two technologies make it possible to shorten the launch preparation period and reduce the necessary manpower for a launch.
 同時に、世界初の技術にも挑んでいる。装置の異常を自動検知するコンピューターを組み込み、点検を一部自動化した。ロケットの管制もパソコン2台で済ます。これにより打ち上げ準備期間を短縮し、必要な作業員も減らした。

The government is considering exporting Japanese satellites in addition to infrastructure such as nuclear power plants and the Shinkansen system. The government is planning to sell small Japanese-made satellites to other countries and launch them with Epsilon rockets.
 政府は、原子力発電所や新幹線などに続いて、人工衛星もインフラ輸出の対象としている。小型衛星を外国に売り込み、イプシロンに搭載して打ち上げるという。

However, this means the Epsilon must be consistently regarded as a rocket that never fails to take off as scheduled. We hope the Epsilon will be successfully launched time and time again.
 その前提となるのは、イプシロンなら予定通り確実に打ち上げられる、との評価を確立
することである。連続成功を目指したい。

(From The Yomiuri Shimbun, Sept. 15, 2013)
(2013年9月15日01時31分  読売新聞)

|

« 原発事故不起訴 東電と政府の責任は免れない | トップページ | FX投資はギャンブル性のある魅力的な投資型金融商品です »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発事故不起訴 東電と政府の責任は免れない | トップページ | FX投資はギャンブル性のある魅力的な投資型金融商品です »