« 香山リカのココロの万華鏡:心の嵐、年とともに治まる /東京 | トップページ | ブラック企業 若者の使い捨ては許されない »

2013年9月 9日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:FBの書き込みに嫉妬 /東京

September 01, 2013(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Jealousy on Facebook
香山リカのココロの万華鏡:FBの書き込みに嫉妬 /東京

A new University of Michigan study on Facebook users has shown an interesting result. According to the research, the longer people spend on Facebook, the sadder and less satisfied they feel.
 米国のミシガン大学が、ネット上の交流サイト「フェイスブック(FB)」のユーザーの調査から、興味深い結論を導き出した。このサービスを使えば使うほど気分が落ち込み、幸せ感や満足感が損なわれる可能性がある、というのだ。

Since only 82 Facebook users were studied for two weeks, some people may think it's difficult to conclude that the social site makes us depressed, but I suspect quite a lot of people went, "Just as I thought!" and are convinced by the research finding. Meanwhile, separate research has found that the most common feeling among Facebook users is "jealousy."
 研究対象となったユーザーは82人、調査期間も2週間なので「これだけで結論づけるのは難しい」と思う人もいるかもしれないが、「やっぱり! 私も交流サイトを見ると何だか落ち込んでしまう」と感じた人も少なくないのではないだろうか。また、別の研究者たちは「FBを利用することによって生じる最も一般的な感情は、嫉妬である」という調査結果を発表している。

Many Facebook users choose pictures and stories as cheerful as possible to post on the Internet. They think that viewers would surely prefer posts with pictures of a nice dinner at a restaurant than reading a post where one whines about work. Thinking like this, users feel like they have to post better stories than the previous post and nicer looking meals than other people. Gradually, posting on social media sites becomes a competition with other users and even against one's own previous posts.
 ネットに載せるからには、なるべく楽しそうな写真や前向きな話題を選びたい。「今日も仕事で叱られた」と愚痴をこぼすより、「こんなにおいしい夕食を食べました」とレストランのディナーの写真を載せるほうが、見る人も喜んでくれるに違いない。そう考えて投稿するうちに、次第に「昨日よりもっと明るい話題を」とか「あの人よりきれいな盛り付けの料理を」などと過去の自分や他人との競い合いになっていく。

This may be the reason why we don't just envy someone when they say something like, "I spent a relaxing time at my vacation house in Hawaii" on social media, but we feel like we lost in a competition.
 そして、「ハワイの別荘でくつろぎました」といった友人の日常を目にしたりすると、「うらやましいな」だけではなく、意味なく「負けてしまった」「あの人だけずるい」と敗北感や嫉妬心を抱くことになるのだ。

This online service, which is supposed to let people connect with others and share their lives as well as interests, has become a source of frustration and ruined relationships.
これでは、せっかくいろいろな人たちと日常の様子や関心ある話題を共有し、交流するためのサービスがイライラ、ギスギスの原因になってしまう。

I am reminded everyday when I'm at my clinic that comparing oneself to others is really pointless. Everyone has their own problems, but they usually hide them inside. We see only the surface of others and feel like we're not leading a life as full or rich compared to them.
 他人と比べるのは本当に意味がない、と診察室にいてつくづく思う。どんな人でもそれぞれ悩みや苦しみがあり、多くの場合それを外には見せない。私たちは表面に表れたその人の一番良い部分だけを見て、「うらやましい」「それに比べて自分は不幸」と勝手に思い込んでいるのだ。

Of course, I know that we can't always feel happy for someone when they talk about their fantastic trip when we feel tired, or express delight over their expensive dinner when we're having financial problems. However, we shouldn't feel, "Why am I the only unhappy person?"
 もちろん、疲れているときに楽しかった旅行の話をされたり、お金で悩んでいるときにぜいたくなディナーをした話をされたりすると、素直に「よかったね」とは言えないこともある。でも、だからといって「私だけどうして不幸せなの?」と落ち込む必要はない。

When you feel like you don't have energy to go online and engage in social media, have the courage to stay away from such sites for a while. Messages and photos on social media neither show all about the people who posted them nor are they tools you use to compare yourselves with others.
 「今はネットの交流サイトを見る元気がないな」と思う時期は、思い切ってしばらく離れる勇気も必要だ。あそこに描かれているのは、その人のすべてではないし、自分と比べるための何かでもないのだから。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2013年08月27日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:心の嵐、年とともに治まる /東京 | トップページ | ブラック企業 若者の使い捨ては許されない »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:心の嵐、年とともに治まる /東京 | トップページ | ブラック企業 若者の使い捨ては許されない »