« 農地管理機構 生産性向上をどう実現するか | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:「きょうだい」の義務とは /東京 »

2013年9月26日 (木)

香山リカのココロの万華鏡:7年後のオリンピック /東京

September 22, 2013(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: 'It's the Olympics...'
香山リカのココロの万華鏡:7年後のオリンピック /東京

In the wake of the excitement of the decision to hold the Olympics in Tokyo, I have seen many unenthusiastic faces in my consultation room.
 東京オリンピック開催に沸いた週末が明けた診療所。患者さんたちの中に、さえない表情の人が目立った。

"What's wrong? Have your depression symptoms worsened?" I ask. "It's the Olympics..." comes the reply.
「どうしました? うつの症状がひどくなりました?」と聞くと「オリンピックが……」という答えが。

When I asked, "Don't you like the Olympics?" one patient was quick to reply, "Oh, it's great that Tokyo was selected." However, hearing that the Olympics will take place "seven years from now," these people feel down when they think about what will happen to themselves in that time.
「え、好きじゃないんですか、オリンピック?」と言う私に、「いえいえ、東京に決まって本当によかった」と、慌てて否定した人もいた。

One of them said, "When I think that seven years from now I'll be in my 50s, I feel dizzy. I worry: Will I still be single? What will happen with my job?
 その人たちは、「7年後」という現実味があるようでいて、それなりに長さもある年月に負担を感じ、気が重くなっているのであった。ある人は、「7年後に、自分はもう50代かと考えるとめまいがする。まだ独身か。仕事はどうなっているのかと急に不安になった」と語った。

Another said, "What should I do if there is a big disaster before then? Where should I run?" Yet another said, "I feel down when I think: What if my depression still isn't cured, and I'm here talking to you?"
別の人は、「それまでに大きな災害があったらどうしよう。どこに逃げたらいいのかと想像してしまう」と話した。「まだうつ病が治らずに、こうやってここで先生と話していたら、と考えると気がめいる」という正直な人もいた。

I replied, "It will be fine. You'll be better and cheering on the Olympics," while at the same time wondering about my own future. Seven years from now I will be 60, near retirement age at both my university and hospital. Have I prepared for retirement? Have I gotten past things like comics and games and achieved a calmer, more age-appropriate personality? I worry about all kinds of things.
 「まあ、きっと大丈夫ですよ。元気になってオリンピックに熱狂してますよ」などと言いながら、ふと「自分はどうしているのだろう」と、我が身にも目が行く。7年後に私は60歳。世間で言えば還暦だ。大学や病院の定年も近い。退職後の備えはできているのか。マンガやゲームからは卒業し、年齢相応の落ち着きを身につけているだろうか、などと途端にあれこれ心配になってくる。

The television directors and editors I encounter in my media-related work have all been unreservedly happy about the coming of the Olympics. Some are in their 60s, but they still look forward to it, saying, "I definitely want to still be working at that time," or, "My grandchild will be a university student around that time. I get excited thinking that we might be able to go and see an event together."
 マスコミの仕事で会うテレビディレクターや編集者らは「ついに東京にオリンピックが来るね!」と、みんな手放しで喜んでいる。中には60代もいるが、「絶対に現役でその日を迎えたい」「孫もその頃は大学生。一緒に観戦へ行けるかと思うとワクワクする」と、新たな励みにしている人も少なくない。

A friend of mine who works at an advertising agency is already busy for the Olympics, saying, "Seven years flies by in an instant. I don't know if we'll be ready in time."
広告代理店に勤める友人は「7年なんてあっという間。準備が間に合うかどうか」と、今から気ぜわしい。

Can we look forward to the Olympics like it is something that is going to happen tomorrow? Or do we feel taken aback by the length of time until then, and think of bad things happening to ourselves and society? I have the feeling that whatever we do shows our current emotional health. That said, it is pointless if we get overly pumped up and burn out.
 「7年後のオリンピック」を、明日のことのように楽しみにできるか。それともその日までの時間の長さにぼうぜんとしたり、その時の自分や社会に良くないイメージを抱いてしまったりするか。その違いで「今の心のエネルギー」を測れそうな気もする。

There is no need to think negatively about the future, but we should keep calm and do the things that need doing, like restoration of the disaster-hit areas. That is what I say to others and myself.
 とはいえ、張り切りすぎて息切れしてしまうようでは元も子もない。「今よりきっと悪くなっている」と悲観する必要もないが、被災地の復興などやるべきことはきちんとやりつつ、気持ちを落ち着けてその時を待つ。そうありたいものだと、自分にも言い聞かせた。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2013年09月17日 地方版
〔都内版〕

|

« 農地管理機構 生産性向上をどう実現するか | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:「きょうだい」の義務とは /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 農地管理機構 生産性向上をどう実現するか | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:「きょうだい」の義務とは /東京 »