« 土地活用、アパート・マンション経営ならば千葉、関東に強い金太郎ホームです | トップページ | 原発事故不起訴 東電と政府の責任は免れない »

2013年9月15日 (日)

これで企業秘密の流出は確実に防ぐことが出来ます オリエントコンピュータのデータ消去

毎日パソコンを使ってお仕事をしている人たちは意外と多いものです。
私も現役時代はパソコンを大いに活用しました。
その昔、ms-dos時代のお話しなんですが、ロータス123という表計算ソフトと一太郎という文書作成ソフトが双璧でしたね。
数え切れないくらいの書類を作成しました。
あるとき自分の作成した大切なファイルをパソコンの操作ミスで一瞬にしてなくしたことがあります。
ところが社内にエキスパートが一人いて、彼に助けていただき消失したデータ(ファイル)を復活させることが出来ました。
ロータスや一太郎で作成されるファイル名なんですが、消去するとファイル名の先頭の文字だけが?マークに書き換えられるので、それを呼び出すことが出来なくなっていたのですね。
専用ソフトを使い?を本来のファイル名の文字に置き換えると、瞬時にしてファイルを呼び戻すことが出来ました。

なので会社でパソコンを処分する場合には細心の注意が必要です。
データ消去を完全にしてから廃品回収などに出す必要があるんです。
そうしないと、悪意のあるプロだったら廃棄されたパソコンから大切なデータを呼び出され、それを悪用される結果につながります。
これは大変に恐ろしいことですね。

そうならない為には周到な準備が必要です。
オリエントコンピュータ のハードディスククラッシャーを使ってなされるデータ消去だったら安心です。
もはやデータの再利用は不可能となっているからなのです。
企業の秘密を守るために、オリエントコンピュータのデータ消去をおすすめします。

|

« 土地活用、アパート・マンション経営ならば千葉、関東に強い金太郎ホームです | トップページ | 原発事故不起訴 東電と政府の責任は免れない »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土地活用、アパート・マンション経営ならば千葉、関東に強い金太郎ホームです | トップページ | 原発事故不起訴 東電と政府の責任は免れない »