« 国家戦略特区 「看板倒れ」に終わらせるな | トップページ | タクシン氏の麻薬撲滅運動 »

2013年11月13日 (水)

がん登録法案 患者情報を対策に活用したい

The Yomiuri Shimbun November 13, 2013
Use patients’ data to fight cancer, but avoid leakage of information
がん登録法案 患者情報を対策に活用したい(11月12日付・読売社説)

Measures must be improved to deal with cancer, a disease that afflicts one in every two people in Japan.
 国民の2人に1人が発症するがんの対策を充実させる必要がある。

A suprapartisan team of Diet members, including those from the Liberal Democratic Party and the Democratic Party of Japan, has compiled a bill to promote the registration of cancer patients, making it mandatory for all hospitals to provide prefectural governments with such data.
 自民、民主など超党派の議員連盟が、がん患者の情報提供を全病院に義務づける「がん登録推進法案」をまとめた。

The bill will be submitted to the ongoing extraordinary Diet session, with enforcement eyed for 2016.
今国会に提出し、2016年の実施を目指す。

The key element of the bill obliges the central government to unify the management of data regarding cancer patients.
 法案の柱は、がん患者の情報を国が一元管理する点にある。

Under the plan, a hospital that has examined a cancer patient will convey to the prefectural government such information as a patient’s name, date of birth, type of cancer, stage of cancer progression and treatment provided.
 がんを診療した病院がまず、患者の氏名や生年月日、がんの種類と進行度、治療内容などを各都道府県に報告する。

The National Cancer Center will consolidate the data, upload them on its database and utilize the information, while maintaining patients’ anonymity.
国立がん研究センターがこれらの情報を集約してデータベースに登録し、匿名化したうえで活用する。

By analyzing a large volume of accurate data, it will be easier to take effective measures to fight the disease.
 大量かつ正確な情報を分析することで、効果的な対策が講じやすくなるだろう。

More appropriate cancer-screening measures would be possible if the center investigates the tendency of certain types of cancer to develop in certain regions, as well as how many and how often.
 例えば、どの地域で、どのようながんが、どれくらい発生しているかという傾向がつかめれば、適切ながん検診が実施できる。

Through the collation of the results of treatment of large numbers of patients, we can expect progress in unraveling the causes of cancer, developing effective therapeutic methods and researching preventive measures.
 多数の患者の治療結果を解析すれば、がんの発生要因の解明や有効な治療法の開発、予防法の研究などの進展が期待できる。

Reduced medical costs

Promoting efforts to prevent cancer and treating patients in the early stages of cancer will reduce related medical costs.
予防や早期治療が広がることで、医療費の抑制にもつながろう。

The registration of cancer patients is actually a requirement in the United States and European countries. On the basis of collected data on cancer screening and persuading people to quit smoking, these countries have seen a decline in the number of people developing cancer and deaths from the disease.
 実際、欧米では、がん登録を義務づけ、データに基づく検診や禁煙を行うことで、がんの発症や患者の死亡を減少させている。

Cancer registration has been conducted in Japan, but with no legal binding power over hospitals, reliable data have been gathered in only a limited number of districts.
 日本でも、がん登録は実施されているものの、病院に対する強制力がなく、信頼できるデータが蓄積されている地域はごく一部に限られているのが現状だ。

As the bill stipulates, if the registration becomes obligatory, information on cancer patients—about 700,000 people a year are believed to develop the disease—will increase markedly.
 法案が規定するように、登録を義務化すれば、年間発症者が約70万人とされるがん患者の情報は大幅に増えるだろう。

It is also noteworthy that the bill calls for data collection results to be made public. It is hoped that a system will be created so patients can use the data as a yardstick to choose a hospital on the basis of the kind of treatment it offers.
 法案がデータ収集の成果を国民に還元するよう求めているのもうなずける。病院ごとの治療実績を公表するなど、患者が病院を選ぶ際の目安となる制度にしたい。

The bill’s main drawback is that the hospitals are to provide the prefectural governments with the data, without the patients’ consent. Cancer registration will be carried out on the assumption that it is an exception to the Personal Information Protection Law.
 法案の最大の問題は、本人の同意なしに、患者の情報を病院側が都道府県に提供する仕組みになっている点だ。がん登録は、個人情報保護法の例外とすることを想定している。

There are surely some patients who will be reluctant to provide personal data to the authorities. In view of this law, we hope the legislators will deliberate thoroughly on this issue in the Diet.
 だが、自分のデータを提供することに抵抗を感じる患者もいるだろう。個人情報保護法との兼ね合いについて、国会で議論を深めてもらいたい。

It goes without saying that information on patients must never be leaked to the public domain. It is therefore reasonable that under the bill, the staff at the National Cancer Center and prefectural governments managing the information will be obliged to maintain confidentiality, with penal provisions attached.
 無論、患者情報の漏えい防止には万全を期さねばならない。法案が、情報を管理する国立がん研究センターや都道府県の職員らに罰則付きで守秘義務を課しているのは当然である。

It is important to create a system under which patients do not have misgivings.
 患者が不安を抱かない制度にすることが大切だ。

(From The Yomiuri Shimbun, Nov. 12, 2013)
(2013年11月12日01時49分  読売新聞)

|

« 国家戦略特区 「看板倒れ」に終わらせるな | トップページ | タクシン氏の麻薬撲滅運動 »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国家戦略特区 「看板倒れ」に終わらせるな | トップページ | タクシン氏の麻薬撲滅運動 »