« 香山リカのココロの万華鏡:ムダな「前置き」大切に /東京 | トップページ | COP19閉幕 国際協調で温暖化対策を前へ »

2013年11月25日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:人間、脳がすべてじゃない /東京

.November 17, 2013(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Our brains are not everything
香山リカのココロの万華鏡:人間、脳がすべてじゃない /東京

Recently I read a very inspiring magazine article involving an organism called a planarian, a leech-like animal that can be found in water and other places.
 とても夢のある記事を雑誌で読んだ。
 「プラナリア」という生き物がいる。日本でも水の中などで普通に見られる、ヒルの親戚のような生物だ。

The planarian has very powerful regenerative capabilities: even if it is cut into fine pieces, the pieces will develop the planarian organs that correspond to brains and eyes, and the pieces will grow back to the size of the original.
このプラナリアは体を再生する力がとても強くて、細かく切断してもそれぞれに脳や目にあたる器官ができて、元の大きさに戻ることで知られている。

Until now, it was thought that the brains of the original planarian and the newly created ones were totally different things. It seems obvious that a newly-made brain would not have the memories of the original planarian. And, of course, the planarians are not capable of noticing their similarities and deducing that they came from the same planarian.
 切られても「倍々ゲーム」のように増える、驚異の生き物プラナリア。とはいえ、これまでは、元のプラナリアと再生された第2、第3のプラナリアの脳の中身は全く別物、と考えられていた。考えてみれば当然だが、新しく作られた脳は、元の自分だった時の記憶を持っていないということだ。もちろん、増えたプラナリア同士が「オレたちって似てるなあ」「もしかして、元は同じだったんじゃない?」などと気づくこともない。

However, according to the article, recently researchers made a big discovery: when they first taught the planarians simple things like the location of food before cutting them apart, the regenerated planarians appeared to remember the food location.
 ところが最近、研究者が大きな発見をした。それは、プラナリアにエサの場所など簡単なことを学習させてから切断すると、再生したプラナリアも以前、覚えたエサの場所を思い出すようだ、というのだ。

The brains of the new planarians were completely made anew, so they couldn't have contained the memory of the food location on their formation. However, the memory may have transferred to the new brain from its storage place somewhere else, like the planarian's equivalent of a foot or stomach.
 脳は全く新しく作られたわけだから、エサのことを知っているわけはない。となると、元の個体の一部、腹や足にあたるところに記憶が残っていて、それが新しい脳に移動したのだろうか。

Why do I say this article was inspiring? Because it showed the possibility that living organisms do not think and remember with their brain alone. We often say things like "My arm has got the knack of this job" or "my tongue can tell apart the good tastes," as if we knew that it was our body that was learning these things. Even if logic tells us that thinking and memory can only be done by the brain, we sense that our body can also remember all kinds of things.
 なぜこの話に、夢があるのか。それは「生き物は、脳でだけ考えたり、記憶したりするわけではないのかも」という可能性を示しているからだ。実は、私たちは日常的に「腕に仕事のコツが染み込んでいる」とか、「舌が優れた味を知っている」などと、よく口にする。「体が考え、覚える」ということを知っているかのように。

The recent finding with the planarians might lend scientific backing to our feelings that the body remembers things. Should that happen, we shouldn't have to be so fixated on the brain anymore, and we can give more attention to our body's memories.
 理屈では「思考や記憶は脳だけの能力」と言っていても、「体だっていろいろなことを記憶できる」と感じているわけだ。
 プラナリアでの今回の発見は、私たちの経験が科学的にも正しいことを明らかにしてくれるかもしれない。

Furthermore, when our brains have weakened in old age, perhaps we can use the memories of our bodies to help restore our lost memories to our brains.
 そして、もしそうだとしたら、私たちは脳にばかりこだわらず、もっと「体の記憶」を大切にしてもいいはずだ。また、年を取って脳が衰えてきたとしても、「まだまだ体は覚えている」と自分の体に働きかけて、記憶のリハビリもできるのではないだろうか。

Those tiny planarians offer a lesson on the importance of thinking and remembering with our bodies. I feel a little more positive myself after whispering, "People aren't all about their brains!"
 小さなプラナリアが教えてくれた、「体で考え、体で覚えること」の大切さ。「人間、脳が全てじゃないよ」とつぶやいてみたら、なんだか私も、ちょっと前向きな気持ちになれた。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2013年11月12日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:ムダな「前置き」大切に /東京 | トップページ | COP19閉幕 国際協調で温暖化対策を前へ »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:ムダな「前置き」大切に /東京 | トップページ | COP19閉幕 国際協調で温暖化対策を前へ »