« 邦人陸上輸送 法改正後に残る「武器」の課題 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:人間、脳がすべてじゃない /東京 »

2013年11月25日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:ムダな「前置き」大切に /東京

November 24, 2013(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: The importance of doctors using soft words
香山リカのココロの万華鏡:ムダな「前置き」大切に /東京

I recently went to a hospital for a checkup after some health problems, taking the role of patient, rather than my usual role of doctor. Called into the consultation room, I sat in front of the doctor. On a computer monitor on a desk, I could see what were probably my CT scans, and I began to get nervous.
 ちょっと体調を崩して病院を受診し、検査を受けた。いつもは検査をしたり診断をつけたりする側なのに逆の立場になったわけだ。診察室に呼ばれ医師の前に座る。机の上のパソコンモニターに自分のものとおぼしきCT画像が並んでいるのを見ると、さすがに不安になってくる。

The doctor looked over the data, faced me, and said with a soft smile, "Relax, there are no serious problems. I'll explain."
 医師はデータを一通りチェックして私のほうに向き直り、柔らかな笑顔でこう言った。「ご安心くださいね。大きな問題ではありません。これから詳しく説明します」

Thanks to that simple reassurance of "relax," I was able to pull my emotions together and listen attentively to the doctor's explanation. After leaving, I thought to myself, "Those first words when talking to patients are important."
 「ご安心ください」というその一言で私は気持ちを整え、その後の説明をしっかり聞くことができた。診察室を出てから「最初の一言って大事なんだな」と、改めて実感した。

There is no shortage of doctors who are good at the medical side of their job but poor conversationalists, and there are seminars on how to talk to patients that are held for people like that. A textbook that is used for these seminars says, "Words are needed that will allow the patient to psychologically prepare themselves."
 医師には「腕はよいけれど会話は不得意」というタイプも少なくなく、そういう人のために「医療コミュニケーション講座」なども開かれている。そのテキストにも「患者さんが心の準備をするための言葉が必要」と書かれている。

For example, when giving bad news, rather than saying it right out, the doctor should remember to soften the blow with words like, "This is something I'd rather not say..." or "I've found something that needs to be treated, so I'm going to explain about it, OK?" The presence of these softening words lets the patient prepare themselves, and makes them feel that the doctor is sincerely dealing with their problem.
たとえ良くない結果を伝える時でも、いきなり具体的な病名などを告げるのではなく「申し上げにくい話なのですが」「治療すべき問題が見つかりましたので、これからお話ししますね」といった「前置き」を忘れない。その後に伝えられる内容が一緒だとしても、患者さんは前置きによって少しでも心の準備をし、医師が誠実に問題に向き合っているのを感じることができる。

I thought back on myself, and how I handle this issue. As a psychiatrist, I do not have to worry about suddenly giving a diagnosis after something like a blood check. However, do I not sometimes, after looking at a patient's filled-out symptom form, say "Let's see ... You can't sleep? Since when?" without so much as a hello? Do I not sometimes, after a diagnosis is over, say without warning, "It's manic-depressive disorder, based on what you've told me."
 私は診察室でどうだろう、と我が身を振り返った。精神科の場合血液検査などでいきなり病名を告げることはないのだが、初めての患者さんに対して記入してもらった問診票を見ながら、あいさつなどもなしに「えーと、眠れないんですか? いつから?」などと切り出してはいないか。また、一通りの診察後に「そううつ病ですね、お話からすると」といきなり診断名を伝えてはいないだろうか。

"You were worried, weren't you?" "It's all right," "There's a problem but we can get over it together." These and other blow-cushioning phrases are sometimes omitted as a waste of time, not only at doctor's offices but at other jobs and in life in general. Some people seem to think that exchanges of only the necessary information are best because they are efficient.
 「ご心配でしたね」「大丈夫ですよ」「問題はありますが一緒に乗り越えましょう」といった「前置き」やクッションのような一言は、診察室だけに限らず他の仕事の場でも日常生活でも、ともすればムダと省かれてしまう場合もある。必要な情報だけをやり取りするのが効率のよいコミュニケーション、と考える人もいるようだ。

However, people are not made strong enough to withstand getting nothing but cold, hard facts, or nothing but the doctor's conclusion. I myself should be more careful to use soft, cushioning words in my own office.
 しかし、人間は「いきなりデータ」「結果だけ伝える」といったやり取りに耐えられるほど強くはできていない。私も診察室であいさつ、ねぎらいや慰めの言葉などをもっと大切にしなければ、と改めて思った。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2013年11月19日 地方版

|

« 邦人陸上輸送 法改正後に残る「武器」の課題 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:人間、脳がすべてじゃない /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 邦人陸上輸送 法改正後に残る「武器」の課題 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:人間、脳がすべてじゃない /東京 »