« 会計検査院報告 杜撰なインフラ管理を見直せ | トップページ | スマホ、携帯にアプリをインストールするするだけですぐに使える電話帳ナビ »

2013年11月12日 (火)

若田ISS船長 宇宙での夢を広げる機会に

The Yomiuri Shimbun November 12, 2013
Wakata and the ISS encourage children to dream of the universe
若田ISS船長 宇宙での夢を広げる機会に(11月10日付・読売社説)

We hope Koichi Wakata will do a wonderful job of carrying out his important duties, which may determine the future of the International Space Station.
 国際宇宙ステーション(ISS)の将来がかかる重責を担っている。活躍を期待したい。

Wakata has begun a six-month mission at the ISS, about 400 kilometers above Earth, which will last until next May.
 宇宙飛行士の若田光一さんが、地上約400キロのISSで、来年5月まで半年間の滞在を開始した。

In his final two months, he will serve as the first Japanese ISS commander, with five U.S. and Russian astronauts working with him.
 最後の2か月間は、日本人として初となる船長を務め、米露の飛行士5人のリーダーとなる。

Eight Japanese astronauts have been sent into space so far. In terms of the combined length of their stay in space, including those at the ISS, Japan ranks third after Russia and the United States.
 日本は、これまでに飛行士8人を宇宙に送ってきた。ISSなどでの滞在日数を合計すると、ロシア、米国に次ぐ第3位だ。

Wakata probably was chosen to serve as the ISS commander because of Japan’s achievements and his own energetic activities on three previous space missions.
 若田さんが33人目の船長に指名されたのは、日本の実績と、自身の過去3回の宇宙滞在での活動が高く評価されたからだろう。

Wakata is an excellent pilot and excels at maneuvering a remote-controlled robotic arm. He is highly trusted by the U.S. National Aeronautics and Space Administration, and has gained a reputation as a personality who values teamwork.
 技能面では、航空機の操縦や宇宙での遠隔操作アームの扱いなどに秀でている。米航空宇宙局(NASA)内でも信頼は厚い。加えて、チームワークを重視する人柄にも定評がある。

In the past, ISS commanders mostly have been U.S. or Russian astronauts who have served in the military. We hope Wakata will demonstrate that Japanese astronauts have a high level of expertise when it comes to working in space.
 これまでの船長は、ほとんどが米露の軍人出身者だった。若田さんには、日本の宇宙活動の水準の高さを示してもらいたい。

The ISS is as big as a soccer stadium. Astronauts carry out space experiments there and make Earth and space observations every few minutes. Wakata will also engage in the maintenance and management of the main unit of the ISS.
 ISSはサッカー競技場ほどの大きさがある。ここで飛行士は宇宙実験や地球・宇宙の観測を分刻みでこなす。本体の維持管理にも携わる。

Emergencies may occur, such as space junk—debris of satellites and rockets, floating in space—hitting and damaging the ISS. It is a tough workplace.
軌道上に漂う宇宙ごみが衝突して損傷するなど緊急事態も起き得る。過酷な職場だ。

Dealing with emergencies

Wakata has been trained on Earth to deal with such emergencies.
 若田さんは、地上でそうした事態への訓練も重ねてきた。

Besides these tasks, he will also conduct biological experiments using killifish and observe comets from the Japanese module Kibo. By watching footage of him conducting such tasks, children will be given an opportunity to dream about what they can do in the universe.
 これに加えて、日本の実験棟「きぼう」ではメダカを使った生物実験をしたり、彗星(すいせい)を観測したりする。そうした映像を通じて、子供たちが宇宙活動の夢を広げる機会にもなろう。

The ISS will mark the 15th anniversary of the start of its construction this month. Originally, it was a symbol of cooperation between the United States and the former Soviet Union, the two space superpowers.
 ISSは建設開始から、今月で15年となる。当初の計画では、米国、旧ソ連という宇宙超大国の協力の象徴だった。

After the Soviet Union collapsed and Russia fell on hard economic times, there were efforts to prevent Russia’s space technology from falling into the hands of warring countries.
旧ソ連の崩壊後は、経済苦境に陥ったロシアの宇宙技術が、紛争国に拡散するのを防ぐ意味もあった。

It can be said the ISS has contributed to material development and unraveling the mystery of life through space experiments utilizing zero gravity. It also has brought about various benefits, such as the space station’s water-purification technology, which is widely utilized in developing countries.
 無重力を利用した宇宙実験でも材料開発や生命のなぞの解明に貢献してきたと言える。ISSの浄水技術が途上国で広く活用されるなど様々な成果も生んでいる。

However, some people say the ISS has reached a turning point, because countries participating in ISS-related projects have become increasingly concerned over the huge operational expense of the space station.
 しかし、今や、曲がり角に来ているとの見方も出ている。運用のための巨額の経費に、参加各国が頭を悩ませているからだ。

Japan contributes about ¥40 billion a year for such expenses as launching rockets to carry cargo to the ISS. Yet quite a few people question whether the results are commensurate with the contribution.
 日本は、物資輸送用のロケット打ち上げなどで年間約400億円を拠出しているが、それに見合った成果を上げられているのか、といった批判は少なくない。

The international community is watching whether Wakata and his colleagues in the ISS can produce sufficient results despite such criticism.
 逆風の中、若田さんたちが今回、十分な結果を出せるかどうか。世界が注目している。

(From The Yomiuri Shimbun, Nov. 10, 2013)
(2013年11月10日01時58分  読売新聞)

|

« 会計検査院報告 杜撰なインフラ管理を見直せ | トップページ | スマホ、携帯にアプリをインストールするするだけですぐに使える電話帳ナビ »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会計検査院報告 杜撰なインフラ管理を見直せ | トップページ | スマホ、携帯にアプリをインストールするするだけですぐに使える電話帳ナビ »