« 法人税減税 競争力強化へ具体策を詰めよ | トップページ | NFC技術で有名なオレンジタグスは東京都に認定されました スマホ向けNFC開発キットがおすすめです »

2013年11月27日 (水)

中国防空識別圏 容認できぬ一方的な現状変更

The Yomiuri Shimbun November 27, 2013
China’s unilateral attempt to change status quo absolutely unacceptable
中国防空識別圏 容認できぬ一方的な現状変更(11月26日付・読売社説)

China has established an air defense identification zone in the East China Sea, including airspace over the Senkaku Islands in Okinawa Prefecture.
 中国が、沖縄県の尖閣諸島上空を含む空域に防空識別圏を設定した。

This is a completely unacceptable unilateral action that changes the status quo in the region.
 東シナ海の現状を一方的に変更する措置であり到底容認できない。

Air defense identification zones are set independently by nations, including Japan, to prevent foreign aircraft from intruding into their territorial airspace. The zone is set outside territorial airspace, and in some instances fighter jets scramble against unidentified aircraft that breach the zone.
 防空識別圏は、領空侵犯を防ぐため、日本など各国が独自に定めている。領空の外側に設定され、不明機に緊急発進(スクランブル)を行うこともある。

The problem is that the zone set by China includes Japanese territorial airspace around the Senkakus and partially overlaps with Japan’s zone.
 問題なのは、中国の設定した空域が、尖閣諸島周辺の日本の領空を含み、日本の防空識別圏と重なっていることだ。

Without question, the government was right to summon the Chinese ambassador to Japan to lodge a strong protest and demand that China scrap its zone. Prime Minister Shinzo Abe has announced that Japan will not recognize the zone established by China.
 日本政府が、中国大使を呼んで、厳重に抗議し、設定の撤回を求めたのは当然である。安倍首相は、中国の発表した防空識別圏を認めないとの考えを表明した。

Beijing has threatened to take what it called “emergency measures” that involve the use of force against aircraft that do not comply with orders in its air defense zone.
 中国は、防空識別圏内で指示に従わない航空機には武力による緊急措置を取ると威嚇している。

There are concerns that aircraft of the Self-Defense Forces and the Chinese military that have scrambled could approach each other and accidentally trigger a clash. The danger is palpable.
 互いに緊急発進した自衛隊機と中国軍機が接近した場合、偶発的な軍事衝突が発生する恐れすらあり、危険きわまりない。

China has rejected Japan’s protest, arguing that the zone was established “to defend its sovereignty, territorial land and airspace.” China appears to be ramping up pressure on Japan by establishing “new facts on the ground” in connection with the Senkakus.
 中国は、防空識別圏の設定を「国家主権と領土・領空の安全を守る」ためと述べ、日本の抗議をはねつけている。尖閣諸島を巡り新たな既成事実を作り、対日圧力を増す狙いがあるとみられる。

The administration of Chinese President Xi Jinping is in a fix domestically, as it faces growing public discontent over economic disparities and other issues. It seems the Xi administration is trying to solidify its leadership by inciting nationalism among the Chinese people.
 習近平政権は内政面で、経済格差などへの国民の反発に直面し、苦境に立たされている。威圧外交により、国民のナショナリズムを刺激して、政権の求心力を高めようとしているのではないか。

Test for Japan-U.S. alliance

China’s latest action, it may be said, embodies its military strategy of enclosing the East China Sea and other Asian maritime areas as its zones of influence to deny access by the U.S. military. This poses a grave challenge to the Japan-U.S. alliance.
 中国の今回の行動は、東シナ海などを勢力圏として囲いこみ、米軍の接近を拒否する軍事戦略を具現化したものとも言える。日米同盟に対する重大な挑戦である。

U.S. Defense Secretary Chuck Hagel issued a statement of protest, saying, “We view this development as a destabilizing attempt to alter the status quo in the region.” Hagel emphasized anew that Article 5 of the Japan-U.S. Security Treaty, which stipulates the U.S. commitment to Japan’s defense, would apply to the Senkaku Islands.
 ヘーゲル米国防長官は「地域の現状を変えて不安定化させる企てだ」と批判する声明を出し、米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条が尖閣諸島に適用されることを改めて強調した。

This is clear evidence of the strong U.S. determination to defend the territory of its ally Japan.
 米国が、中国に対して、同盟国である日本の領土を守る強い意思を示したと言える。

In December last year, a Chinese plane entered the Japanese territorial air zone around the Senkaku Islands for the first time. Air Self-Defense Force aircraft have been scrambling against Chinese planes with increasing frequency. A Chinese drone was confirmed flying near the Senkakus in September this year.
 尖閣諸島周辺の空域では、中国機が昨年12月、初めて日本領空を侵犯した。中国機に対する航空自衛隊機の緊急発進の回数も大幅に増えている。今年9月には、中国の無人機が確認された。

In cooperation with the United States, Japan must bolster the protection of its airspace around the Senkakus. We think the squadron of F-15 fighter jets at the ASDF’s Naha Air Base should be reinforced.
 日本は、米国と連携し、尖閣諸島周辺の空域で警戒を強化する必要がある。那覇基地のF15戦闘機飛行隊も増強すべきだろう。

Earlier this month, crew members of Chinese government vessels boarded Chinese fishing boats off the Senkaku Islands and attempted to give the impression the area was in China’s exclusive economic zone. Japan must not relax its maritime surveillance.
 尖閣沖では、中国公船の乗組員が今月、中国漁船に乗り込み、自国の排他的経済水域内であるかのようなアピールをした。海上の監視態勢も緩めてはなるまい。

(From The Yomiuri Shimbun, Nov. 26, 2013)
(2013年11月26日01時45分  読売新聞)

|

« 法人税減税 競争力強化へ具体策を詰めよ | トップページ | NFC技術で有名なオレンジタグスは東京都に認定されました スマホ向けNFC開発キットがおすすめです »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法人税減税 競争力強化へ具体策を詰めよ | トップページ | NFC技術で有名なオレンジタグスは東京都に認定されました スマホ向けNFC開発キットがおすすめです »