« 香山リカのココロの万華鏡:「困り感」の理解から /東京 | トップページ | 国会改革 党首討論の活用軸に協議せよ »

2013年11月 4日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:「恋愛外来」があれば… /東京

October 20, 2013(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Psychiatry needs a stalker action plan
香山リカのココロの万華鏡:「恋愛外来」があれば… /東京

There has been yet another heartbreaking case of stalking and murder in Japan. The victim this time was a high school girl, and the suspected killer her ex-boyfriend.
 また痛ましいストーカー殺人事件が起きた。被害者の女性は高校生。容疑者は元の交際相手だという。

It seems likely that many of us have at some point in our lives been heartbroken by the mere thought of our exes finding someone else, getting married and moving on. But to go from there to following around an old flame, threatening their family and romantic partners and, finally, causing physical harm is beyond explicable behavior for a person of sound mind.
 恋愛に失敗し、相手が他の異性と交際、結婚することを想像するだけで、胸が張り裂けそうになるという経験を持つ人は少なくないはずだ。しかし、そこからさらにつきまとい、ついに相手や家族を脅かしたり傷つけたりするまで至った場合は、もはや正常な心理では説明がつかない。

Stalkers sometimes imagine backstories justifying their actions, like, "She's only being so cold to test my love." They also sometimes create reasons to lash out at the people around their obsession, like, "The police and her parents are just trying to get in the way of our pure love." If the ex says that they are not interested in continuing the relationship, the stalker can suddenly lose all emotional control and lash out violently.
 中には、「相手が冷たい態度をとるのは私の愛を試しているのだ」などと、自分に都合のよいストーリーを作ってしまうケースもある。「警察や親は、自分たちのピュアな愛を邪魔しようとしている」と、攻撃の矛先が本人以外に向かう場合も。相手がこれ以上交際する意思はないことを告げると一気に感情的となり、暴力に発展してしまうこともある。

The stalker's every moment is possessed by thoughts of his ex, by resentment, anger and reconciliation fantasies. In many such cases, by this point reasoned advice -- you should stop; this won't help anyone -- no longer gets through the storms of emotion raging in the mind of the rejected lover.
生活のほとんどが相手への思いや恨み、怒り、復縁の画策などで占められると、「そんなことをしても誰も得はしない」といった常識的な説明は、もはや通じなくなってしまうことが多い。

So what can be done when the situation gets this bad? If there's a chance the stalker could go from constant phone calls and emails to appearing at someone's house, then the person on the receiving end must make sure they are never alone and be prepared to flee to the home of a relative. What they shouldn't do is try to resolve the situation entirely alone. Rather, they must seek the intervention of a rational, adult voice to try and calm the stalker down, listen to their feelings and, if necessary, recommend medical help.
 では、どうすればいいのか。電話やメールだけではなく実際に家に来たり待ち伏せしたりする可能性があれば「一人にならない」「場合によっては親戚宅などへ避難する」という慎重な対応が必要になる。自分たちだけで解決しようとはせず、ストーカーになってしまった人にも何とかして冷静な大人が接触し、話に耳を傾けつつ気持ちを落ち着かせたり、医療の介入が必要な場合は受診を勧めたりしなければならない。

I have to admit, however, that the psychiatric profession cannot claim it has triumphed over delusional behavior born of romantic obsession. If the stalker comes in asking for help, lamenting an inability to deal with their fixation, then a psychiatrist can give them the mix of drugs and counseling they need. If, however, the stalker insists that they are merely in love and need no treatment, then the best a doctor can do is try to keep them coming back every week, to keep talking, keep getting help.
 しかし、実は精神医療の専門家も「妄想にまで発展しかけている恋愛問題」への対処が得意だとは言い難い。本人が「自分でもどうにもできない。この執着を何とかして」と積極的に治療を望めばカウンセリングや薬で対応することも可能だが、「彼女が好きなだけ。治療なんて必要ない」と拒絶されたら通院を中断しないように「また来週、詳しく話を聞かせてくださいね」と、話を引っ張るのが精いっぱい、ということもある。

Pain and confusion in relationships are hardly uncommon. But while there are those who fall into depression and suicidal thinking, there are also those who vow never to give up on their lost love and become stalkers. If mental health clinics set up "romantic problem outpatient" sections, might people unable to let go of the anger and resentment of rejection make enthusiastic use of the service? We need to think hard about what the mental health profession can do to help prevent stalkers from inflicting yet more pain and loss.
 実際には恋愛にまつわる心の悩みはたくさんあり、うつ状態に陥ったり自殺を考えたりする人もいれば、「どうしてもあきらめきれない」とストーカーになっていく人もいる。もし、メンタルクリニックに「恋愛外来」が設置されていれば、恨みや怒りを抑えられない人ももう少し気軽に受診してくれるようになるだろうか。精神医療がストーカー被害に対してできることは何か、考えてみる必要がある。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2013年10月16日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:「困り感」の理解から /東京 | トップページ | 国会改革 党首討論の活用軸に協議せよ »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:「困り感」の理解から /東京 | トップページ | 国会改革 党首討論の活用軸に協議せよ »