« 参院選制度改革 「合区」案は受け入れられるか | トップページ | クラウド型のリマインドメール、MaiList(メーリスト)のおすすめ »

2014年4月27日 (日)

香山リカのココロの万華鏡:夢見るのは悪くないけど /東京

April 20, 2014(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Lofty goals are not everything
香山リカのココロの万華鏡:夢見るのは悪くないけど /東京

The controversy over the STAP cell research paper continues. The press conference by Riken's research leader Haruko Obokata, who played a central role in the STAP cell research and the writing of the papers, was broadcasted live on television and made headlines in newspapers.
 STAP論文問題をめぐる騒動が収まらない。研究や論文執筆で中心的な役割を担った理化学研究所の小保方晴子リーダーの記者会見は、テレビで生中継され、新聞でも大きく取り上げられた。

There are all kinds of analyses and opinions being offered, but what struck me was Obokata repeatedly saying that she wanted "to be helpful." She said that since encountering the STAP cell phenomenon, she had done her research with the hope of "developing the technology one day to help many people."
 いろいろな分析や感想があると思うが、私が気になったのは何度か出てきた「役に立ちたい」という言葉だった。STAP現象に出合って以来、「いつか多くの人々の役に立つ技術にまで発展させていける日を夢見て」、研究を続けてきたのだという。

I think those feelings were genuine. At university, there are many students who similarly say they "want to become someone who is needed by society" or "want to do something for many people." Compared to selfishly looking out only for oneself, it is a commendable attitude.
 小保方さんの気持ちにウソはないのだろう。大学でも「社会で必要とされる人間になりたい」「大勢の人たちのために何かしたい」と将来の夢を語る学生は少なくない。「私さえよければいい」という自己中心的な考えに比べれば、「役に立ちたい」という気持ちは立派だと言える。

However, there is a problem: do people really have to help others? Sometimes patients come to my clinic who have given up after wanting to do something to help society. When I recommend to them to first look after their own health and leisure, they sometimes reject that advice, saying then their life will be meaningless, or that if they don't help others, "no one will notice I'm alive."
 しかし、そこに一つ落とし穴がある。それは、「役に立たなければダメなのか」という問題だ。診察室では、世の中や人々のために何かしたいと考えていたのに挫折した人が、ときどきやって来る。「まずは自分の健康や楽しみのために生きてもいいんじゃないですか」と助言すると、「それでは人生の意味がない」と首を横に振ってこう言う人もいる。「誰かの役に立たなければ、私が生きていることにも気づいてもらえない」

For these people, the desire to help is tied to a desire to be recognized. Sometimes, they can become so engrossed in an effort to be recognized by others that they forget their initial goal of offering assistance.
 「役に立ちたい」は「認めてもらいたい」という欲求と裏表の関係にある。そういう人は時として、なんとか認めてもらおうと夢中になり、いつの間にか「役に立つ」という、はじめの目的を忘れてしまうこともある。

It is wonderful to help society, but that is not the only meaning to life. First we should live out our days to the fullest, even if what we do isn't known to the rest of society. Enjoy the seasons changing, laugh with friends and family. I think that alone may be enough for our lives.
 社会の役に立つのはすばらしいことだが、それだけが生きる意味ではない。自分がまずその日、その日をしっかり生きて、大勢に知られなくても手ごたえのある暮らしを送る。季節の移り変わりを楽しみ、身近な家族や友人と笑いあう。「人生はそれで十分」という気もする。

Obokata may have dreamed too big in her desire to help others, chasing an oversized goal of helping everyone from the sick to women who can't have children. Perhaps, she thought that if she didn't do that much, her life as a scientist wouldn't have meaning.
 小保方さんは「役に立ちたい」と思いすぎ、「病気で苦しむ人も子宮がなくて出産できない女性も、みんなが救われる」とあまりに大きな夢を追いかけすぎたのではないだろうか。もしかすると、それくらいのことを達成できないと科学者人生には意味がない、と思ったのかもしれない。

It is not a bad thing to have goals, but there is meaning to our lives even if we don't reach those goals. Obokata made me wonder whether there hadn't been a smaller-scale path through life more befitting her, as I recalled the faces of university students repeatedly saying how they want to help society.
 夢を見るのは悪いことじゃないけれど、夢がかなわなくたって生きる意味はある。もっと等身大の生活を送る道もあったのではと、「とにかく役に立ちたい」と繰り返す学生たちの顔を思い浮かべながら考えてしまった。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2014年04月15日 地方版

|

« 参院選制度改革 「合区」案は受け入れられるか | トップページ | クラウド型のリマインドメール、MaiList(メーリスト)のおすすめ »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参院選制度改革 「合区」案は受け入れられるか | トップページ | クラウド型のリマインドメール、MaiList(メーリスト)のおすすめ »