« 香山リカのココロの万華鏡:「ポスト定年世代」考える /東京 | トップページ | 日豪EPA―TPP交渉の突破口に »

2014年4月 8日 (火)

香山リカのココロの万華鏡:今なお苦しむ多くの人 /東京

January 12, 2014(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Don't forget those still suffering from 2011 triple disasters
香山リカのココロの万華鏡:今なお苦しむ多くの人 /東京

I went to Iwaki, Fukushima Prefecture, at the end of last month to hold a seminar for public officials who have been working hard for disaster recovery following the massive earthquake and tsunami in March 2011. The seminar is something I have been holding since the disaster to provide psychological care for municipal officials.
 年末に福島県いわき市へ行ってきた。東日本大震災以来、細々と続ける「自治体職員の心のケア」に関係したセミナーを開催したのだ。

Particularly in Fukushima Prefecture where many residents have had to evacuate and municipal offices have had to move in the wake of the nuclear power plant disaster, municipal officials are worn out.
自治体職員は大震災が発生してからというもの、十分な休みも取れずに激務をこなしている。特に福島県では原発事故により、多くの住民が避難していたり役場そのものも離れた市町村に移っていたりしていて、職員の疲労も尋常ではない。

Before the seminar, I visited the prefectural towns of Tomioka and Naraha where many residents are still unable to return. I could only enter areas that are designated as "zones preparing to lift evacuation orders" and "residency restriction zones."
 セミナーの前、多くの住民が避難を続けている富岡町や楢葉町などを訪ねた。足を踏み入れられるのは「避難指示解除準備区域」や、立ち入りはできるが避難が求められている「居住制限区域」だ。

I saw decontamination work being carried out in many places. While some workers were using heavy machines and high pressure washers, most people I saw were collecting leaves and scraping soil with bamboo brooms and deck brushes.
 あちこちで除染作業が行われていた。重機や高圧洗浄機を使っている人もいるが、ほとんどの人が手作業で行っている。竹ぼうきやすきのような道具で落ち葉を集めたり土を削ったりしている。

Meanwhile, even at large parks and on wide roads, it looked like only a few people were working on decontamination.
広い公園や長い道路でも、作業に携わっている人は数人ずつに見える。

When I saw such a small number of workers, I thought, "They can only get so much done in a day." Workers must also feel exhausted when they see areas that have yet to be decontaminated after working all day and wonder, "When will it ever end?"
これでは1日に作業できる面積は、ごくわずかなはずだ。作業員も一生懸命働いて、ふと顔を上げてまだまだやっていない場所が残っているのを見たら「いったい、いつ終わるのだろう」と、大きな疲れを感じるのではないだろうか。

Of course, they are not the only ones who are wondering if decontamination work will ever end. Nearly 85,000 evacuees from those zones cannot return home until decontamination work is completed.
 もちろん、「いつ終わるのか」と思っているのは作業員だけではない。8万5000人近い避難区域からの避難者は除染作業が終わらないと帰還できない。

Just as I was visiting these evacuation zones, I heard on the car radio that the Ministry of the Environment decided to extend the duration of decontamination work under the direct jurisdiction of the government for a maximum of three years. The ministry had announced in January 2012 that decontamination work would be completed in all 11 municipalities subject to the cleaning plan by the end of fiscal 2013.
 ちょうど私が避難区域を訪れている時に、乗っていた車のラジオから「国直轄の除染について、作業期間を最大で3年間延長すると環境省が発表した」というニュースが聞こえてきた。2012年1月に環境省が示した工程表によれば、11市町村すべての対象地域で13年度中に作業が終了することになっていたのだ。

There are over 10 municipalities in Japan with areas that people can't enter, let alone live, with many residents forced to stay in evacuation. Such a fact should be treated as the top news story each year.
 日本の10以上の市町村に人が住むことのできない地域、立ち入ることさえできない地域がある。まだ大勢の人たちが避難生活を余儀なくされている。これは毎年の重大ニュースでトップになり続けてもいいほどの問題だ。

However, the three-year extension of the decontamination plan was not the top news story on the radio; instead Prime Minister Shinzo Abe's visit to Yasukuni Shrine was the main news story.
 それなのに、「除染作業終了が3年延長」は、その時聞いたラジオニュースのトップではなかった。トップは安倍総理の靖国神社参拝だったのだ。

How Japan functions as part of the world is important, but many people in this country are suffering from domestic problems and feeling hopeless. Some are in the midst of turmoil caused by the triple disasters. I am determined not to forget about these people in this new year.
 世界の中で日本がどうあるべきか。もちろんこれは大切な事だ。しかし、日本の中にも苦しんでいる人や、失望している人が大勢いる。今なお大震災や原発事故の影響の真っただ中にいる人も少なくない。新しい年も、その事は忘れないようにしたいと思う。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2014年01月07日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:「ポスト定年世代」考える /東京 | トップページ | 日豪EPA―TPP交渉の突破口に »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:「ポスト定年世代」考える /東京 | トップページ | 日豪EPA―TPP交渉の突破口に »