« 企業好決算 成長持続へ経営改革緩めるな | トップページ | 原発と火山―噴火の脅威を直視せよ »

2014年5月12日 (月)

これからの時代、クラウドサービスも現地化をめざします

海外事業で現地化ということが叫ばれて久しいのですが、あらゆる分野の企業の海外進出で応用できます。
例えば、私ならば、現役時代は政府開発援助プロジェクト(海外工事)でしたが、現地で入手可能なアイテムは現地で入手するのが基本なんです。
たとえばセメントや骨材などは現地で入手しますし、エンジニアでさえ現地では優秀な資質を備えたものが安い給与で雇えます。

クラウド技術の世界だって、これは、まったく同じことが言えるのではないでしょうか。
欧州、アメリカ、西アジアから東南アジアにかけて、クラウド技術の中継基地があれば、これほど安心できるものはありません。
その中枢が日本国内にあるのはいうまでもありませんが、データは生き物なんです。
一箇所の通信に不具合が生じた場合でも、別の箇所のデータベースが迅速に対応してくれるのが望ましいのです。
それが出来るのがZETA Cloud Private サービスの大きな特徴なんです。
あなたの事業の海外進出を力強く応援してくれます。



ドリームニュース・ブログメディア参加記事

|

« 企業好決算 成長持続へ経営改革緩めるな | トップページ | 原発と火山―噴火の脅威を直視せよ »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 企業好決算 成長持続へ経営改革緩めるな | トップページ | 原発と火山―噴火の脅威を直視せよ »