« 党首討論 民主は平和確保の具体策示せ | トップページ | 日本国内で最高の中華料理が食べられます »

2014年6月13日 (金)

英文ビジネスメール作成担当者に選任されたのは35歳のときでした

昭和47年に東京に本社がある大手建設会社に就職しました。
それから10年以上は、国内勤務で英文ビジネスメールとは縁の無い世界でひたすら家族を養うために働いていました。
35歳のときに海外駐在員に抜擢され、最初に赴任したのが東南アジアのビルマだったんです。
当時はビルマと呼ばれていましたし、首都はラングーンと呼ばれていました。
現在ではミヤンマーのヤンゴンということになります。
スーチーさんの自宅近くでバンガローを借りて、そこで1年近く暮らしました。
英文ビジネスメールはたくさん書きましたので、今回、このサイトにめぐり合えたのも何かの縁なのでしょうね。
サイトで英文ビジネスメールの体験記 を募集しているのをみつけましたので、さっそくこの記事を書き終えたら応募してみたいと思います。
35歳から定年退職するまでに発行した英文ビジネスメールの数は数千に及ぶものと推察されます。
英文文法上なんですが、様々な形の赤っ恥、青っ恥をかいた体験がございます。



あなたのシナリオがサンプル英文Eメールに!英文ビジネスメールの体験記大募集!



ドリームニュース・ブログメディア参加記事

|

« 党首討論 民主は平和確保の具体策示せ | トップページ | 日本国内で最高の中華料理が食べられます »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 党首討論 民主は平和確保の具体策示せ | トップページ | 日本国内で最高の中華料理が食べられます »