« 香山リカのココロの万華鏡:論文も「シェアする」時代? /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:はたらけどはたらけど /東京 »

2014年6月 9日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:断たれた人生の連続性 /東京

May 11, 2014(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: A life without continuity
香山リカのココロの万華鏡:断たれた人生の連続性 /東京

Recently, a common news item has been weighing heavily on me -- that of elderly people found wandering around who can't even say their name or address and are placed under the care of the authorities.
 先日からとても気になっているのが、「警察に保護されて名前や住所が言えず、施設などに入所する高齢者」の問題だ。

On April 22, the Mainichi Shimbun reported that in around six years since fiscal 2008 there have been at least 546 such people taken into emergency custody by municipal governments. Among them are those who have remained unidentified and continue to go by the names they were assigned.
4月22日の本紙にも、自治体が介護施設に暫定入所させ「緊急一時保護」の対象となった人が、2008年度からの約6年間に少なくとも546人いたという調査結果が載っていた。中には、その後もずっと身元不明のまま、仮の名前がつけられている人もいるという。

Where did these people come from? If they were living with their families or in care facilities one would expect there would be missing persons' reports filed on them. Did some misunderstanding prevent those reports being created? Or were these people living by themselves until one day, having left to go shopping or to take a walk, they forgot the way home and even their address? Whatever the cause, these people have had the continuity of their lives broken.
 その人たちはどこから来たのだろう。家族と住んだり施設に入所したりしていれば行方不明者届が出されるはずだが、何かの行き違いで出されていないのだろうか。あるいは、それまでは何とかひとり暮らしをしていたのが、ある日、買い物か散歩に出てついに帰路や自宅の住所を忘れてしまったのだろうか。いずれにしても、その人たちの人生の連続性は、そこでぷっつりと断たれてしまう。

Everyone has, from the time they were children, set and worked toward goals in the future like playing in a sports match, graduating from university and getting a job, raising children or paying off a mortgage. And sometimes we reflect on our pasts, at the timeline that runs through our life, feeling satisfaction or perhaps some regret.
 子どもの頃から誰もが、「来年は野球の試合に出たい」「あと2年で大学卒業して社会人だ」「子どもが成人するまではがんばるぞ」「住宅ローン完済までついに10年を切った」などと先々に目標を定め、それに向かって努力してきた。そして、ときどきは後ろを振り返り、自分の人生を貫く一本の道に目をやって、満足感を味わったりちょっぴり後悔したりする。

As we age and our memories fade, we can give each other support. At a class reunion, we might be reminded by a former classmate that, for example, we were good at swimming, something we may have completely forgotten about. We can feel safer imagining how later, even as we grow into our elderly years and deal with dementia or other diseases, we can count on family and friends to fill in our memory gaps.
 年齢を重ね、だんだん記憶力が怪しくなってきてからは、集団でそれを支えあうことができる。クラス会で「おまえは昔、水泳が得意だったよな」と友人に言われ、自分ではすっかり忘れていたのに「あー、そうそう」と思い出すことはよくある。さらに高齢になり認知症などの病にかかっても、家族や友人が記憶を肩代わりしてくれて「お父さんは本当に仕事人間だったね」などと言ってくれると想像したら、なんとなく安心できる気がする。

However, people who have forgotten their names and homes and have been taken in by police have no such support, and their lives have lost their continuity with their pasts.
しかし、名前も住まいも忘れ、保護されて暮らす人たちの人生の連続性は、誰にも支えてもらえない。

Previously, there would have been people in the community -- people at the local temple, at the school where our children or grandchildren went, at the senior's club where we indulged in hobbies -- to say they remember us and guide us back home should we get lost.
 ご近所。檀家(だんか)になっているお寺。子どもや孫を通わせた学校。趣味で通っていた老人クラブ。かつてなら、地域に誰か「あなたのことを知ってるよ」という人がいたように思う。たとえ迷子になっても、「あなたはあの家の人じゃない」と教えてもらうこともできた。

In today's society, however, we are instead told by everyone, "I don't know you." It would be tragic if these unidentified people taken in by local governments pass away without knowing who they are and where they came from.
それが今では、誰にも「あなたなんて知らないよ」と言われてしまう。保護されている高齢者が「どこからやって来た誰なのか」がわからずに一生を終えるとしたら、それはあまりにも悲しいことではないだろうか。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2014年05月06日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:論文も「シェアする」時代? /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:はたらけどはたらけど /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:論文も「シェアする」時代? /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:はたらけどはたらけど /東京 »